痔から始まったほのぼの系日記

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリア旅行記2
まだまだ時差ぼけ進行中でございます。
帰国してからビリーもやっておらず、早いところ再開しないと体重計がますます恐怖の存在になっていくと震えております。


さて、イタリアでのお話でございます。

予定がぎちぎちに詰まったツアーでは、なかなか行きたいお店に行くということもできないのでございます。
ツアーで連れて行かれるお店は、やはりブランド物を多く取り扱っているお店が多いのでございます。
ブランド物にあまり興味のない私には、さほど魅力を感じないところばかりでございました。

しかも、最初に連れて行かれたのはローマ三越店でございます。
あまりイタリアという感じが致しません。

イタリアはあまり治安のよろしくない国と聞いていたので、私はポケット付きの腹巻を着用し、パスポートなどの貴重品はそこに入れておりました。
でも、思ったよりはまだマシでございました。
しっかりと気をつけていれば大体は大丈夫そうなレベルでございます。

ただ、ジプシーの集団がふらっと近づいてきたことがあったのでございますが、何よりも印象的だったのは彼女らの生気のない顔でございました。
気配もなく、幽霊のように近づいてくるのでございます。

こちらもツアー客で集団でございましたし、しかも現地ガイドさんが大声で追い払ったので誰にも被害はなかったのでございますが、もし一人や二人で歩いていたら危なかったかも致しません。
日本も治安が悪くなったとは申しますが、やはりこういったところから比べたらまだまだ治安が良いと実感致しました。


そしてイタリア旅行は早くも4日目でございます。
この日はカプリ島にある青の洞窟見学ツアーでございます。

前の日まで4日間連続で青の洞窟には入れなかったそうで、ガイドさんも「見ることができたら奇跡」や「カプリ島には他にも良いところがたくさんある」など、期待をもたせないように必死でございます。

しかしその日は快晴で風もあまりなく、どうやら悪くない雰囲気でございました。
無事にカプリ島に着くと、どうやら青の洞窟に入ることができるとの話でございました。

カプリ島までは大きな船で来たのでございますが、青の洞窟までは中型のボートでございます。
そして青の洞窟に入るには、小型のボートに寝そべって乗るのでございます。

青の洞窟の入り口は高さ1メートルほどしかなく、波が高くなってきたらすぐに入れなくなってしまうのでございます。
波が少ないときでも、壁にぶつかりそうになるのでございます。

私たちは小さなボートに6人ずつ詰め込まれ、ぎゅうぎゅうになりながら青の洞窟へと入っていったのでございます。
私の顔面すれすれに壁が近づいてまいりましたが、無事にボートは洞窟の中へと進入したのでございます。

青の洞窟←クリックすると大きな画像が開きます

中は素晴らしゅうございました。
水面はまるで青く光る布が揺らめいているかのようでございました。
神秘的な光景で、まさに自然の驚異でございます。

一見、水面そのものが光っているように見えるのでございますが、よく見ると透明なのでございます。
ボートを漕ぐオールも透けて見えるのでございます。
どのように青く光っているのか不思議でございました。

しかし、その素晴らしい景色の中で夫は重なり合う人たちの一番下になっており、景色を楽しむどころか苦しみにのた打ち回っていたそうでございます。
そのせいで写真も撮れず、私がデジカメで撮ったのでございますが、成功したのは上記の1枚だけだったり致します。

そして青の洞窟を堪能した後は、カプリ島観光でございます。
カプリ島は世界のセレブが集まる場所だそうで、治安もよく、スリなどはいないそうでございます。

すると、ちょっとした広場のようになっている場所で撮影のようなものが行われておりました。

美女←クリックすると大きな画像が開きます

何だったのかはわからないのでございますが、モデルのような女性が数人集まっておりました。
レフ板を持った人と、カメラを持った人が何かをやっておりましたが、ほんのわずかな時間で解散してしまったのでございます。

そしてカプリ島での観光を終えた頃にはもう、青の洞窟には入れなくなっているようでございました。
波が高くなってしまったようでございます。
本当に運が良かったようでございます。

ガイドさんの話によると、ガイドブックに午前中が綺麗などと書かれていたりして、午後にせっかく見られる状況だったにも関わらず午前中に見ると言って、結局見られないまま終わってしまう観光客もいるそうでございます。
しかし、午前中だろうと午後だろうと変わらないとガイドさんは言っておりました。
見られるときに見ておかないと、すぐに見られなくなってしまうそうでございます。

無事青の洞窟も見学し、また長い時間をかけてホテルに戻ったのでございました。

ファンタ←クリックすると大きな画像が開きます

途中で買ったファンタでございます。
毒々しいくらいに赤い飲み物でございました。
味は良くわからなかったのでございますが、どうやらレッドオレンジのようでございます。

この日は夕食付きではなく、帰りも遅かったのでツアーの途中で立ち寄ったお店でディアボロというサンドイッチらしきものを買ってまいりました。
とても辛く、このファンタがさらに辛さを増大させて泣けてまいりました。

味はまあ普通でございました。
ただ、お値段は700円ほどとかなりお高めでございます。
スターバックスで似たようなものが半額くらいで売っているよなあ…などと考えてしまったのでございました。


FC2ブログランキング ←自然の驚異…FC2ブログランキング
人気blogランキング ←神秘の洞窟…人気blogランキング
このブログがお気に召しましたら両方クリックして頂ければこの上ない幸せにございます。

イタリア旅行記1
帰国して約一週間が経過したのでございますが、まだ時差ぼけが取れずにおります。
昼夜逆転生活で、しかも何となくだるいのでございます。

さらにショックなことに、1.5kgほど太っていたのでございます。
ろくな料理を食べていないはずだったのでございますが、油だけはしっかり使われていたのでございましょうか。

美味しい食事で太るのなら、まだ仕方ないとあきらめもつくのでございます。
しかし、美味しくない食事で太るのは腹立たしいものがございます。


さて、イタリアに行ったときのお話でございます。

まず成田で前泊し、それから飛行機で12時間ほどかけてロンドンで乗り換え、さらに2時間ほどでようやくローマに到着でございました。
ローマのホテルに着いたときは夜中の2時頃で、実質旅行3日目となっておりました。

あまり休む時間もなく、5時半には起床でそれから食事をとった後は観光でございます。
まずはヴァチカンへと向かい、ヴァチカン美術館システィーナ礼拝堂、そしてサンピエトロ寺院でございます。

ヴァチカン←クリックすると大きな画像が開きます

かなり長蛇の列でございましたが、ガイドさんが言うには並ぶときは2時間や3時間も並ぶそうで、その日の状態など並んでいるうちに入らないようでございました。
とにかく注意されたのが、財布とパスポートには気をつけろということでございます。
観光地にはスリがたくさんいるそうでございます。

天井←クリックすると大きな画像が開きます

美術館は素晴らしゅうございました。
このように、天井に飾りがついているのでございますが、落ちてきたことはないという話なのでございます。

絵←クリックすると大きな画像が開きます

そして気になったのがこの絵でございます。
まあ、ぱっと見は普通でございます。

絵拡大

しかし、この食卓の部分に注目でございます。

犬?

どうも、この肉が犬の肉に見えるのでございます。

実際は犬の肉ではなく、豚か何かなのでございましょうが、チャウチャウは食用犬として位置づけられていることを思い出したりしたのでございました。

骸骨←クリックすると大きな画像が開きます

こちらはサンピエトロ寺院だったと思うのでございますが、羽の生えた骸骨が印象的でございました。
どういった意図があるのかは不明でございます。

コロッセオ←クリックすると大きな画像が開きます

そしてローマ市中、有名なコロッセオでございます。
この後、トレビの泉スペイン広場などにも行ったのでございますが、雨が降ってきたのとスリらしき人物にまとわりつかれたのとで写真は撮れなかったのでございます。

ローマの休日でアン王女がアイスを食べながら降りてきた階段付近で、アイスも食べてまいりました。
小さいサイズのことろ「ピッコロ」といい、そう言って注文するのでございますが、どうしても「ピッコロ」というと緑色をした人物を思い出してしまうのでございます。

そして一日歩きつかれ、くたくたになったところで夕食でございます。

夕食←クリックすると大きな画像が開きます

味は薄く、塩をかけて食べたのでございます。
しかし、ツアー客の中には揚げた肉がダメな方がいて、その方には皿いっぱいのほうれんそうが出されておりました。
もう、皆で笑うしかございませんでした。

きっと次の日はもっとイタリアっぽいものが出てくる、そう思いながら食事を終えたのでございました。


FC2ブログランキング ←伝統の美術品…FC2ブログランキング
人気blogランキング ←ローマの休日…人気blogランキング
このブログがお気に召しましたら両方クリックして頂ければこの上ない幸せにございます。

帰国
無事、帰国致しました。

昨日(11/1)の夜に帰ってきたのでございますが、ぐったりでございました。
現地を夜に出発し、機内泊で朝食を食べた直後に到着したと思ったら、またでございました。
イタリアと日本は8時間の時差があるのでございます。

時差ぼけもそのままに、夫は睡眠不足のまま会社に出かけていったのでございます。
私はお弁当を作り、旅行中の大量の洗濯物を片付けた後に昼寝を致しましたが、気がついたら18時でございました。
それでもまだぐったりでございます。

旅行はぎっしりとスケジュールの詰まったツアーでございました。
朝早くから出かけ、夜遅くに帰ってくるのでございます。
毎日ぐったりで、新婚旅行ではございましたが夜の営みなどしている余裕はございませんでした

ツアーは約40名で、学校の一クラス分くらいでございました。
大きく分けると定年退職者、新婚旅行、卒業旅行に分類されたのでございます。
年配者が多いからなのか、食事は少なく、味も薄いものばかりでございました。
アンケートでしっかりと食事に「不満」と書いたのでございました。

帰国する日に半日ほどミラノで自由行動があったのでございますが、そのときに食べたピザは美味しゅうございました。
直径約30cmほどで、値段は700円ほどでございました。
日本よりもお安めで、お腹ははちきれんばかりになったのでございます。

やはり美味しいものを食べたければ、ツアーではなく自分で探さなくてはならないのだと実感致しました。

そしてイタリアは物価の高い国でございました。
生鮮食料品は安いようなのでございますが、生活雑貨や嗜好品といったものはお高めのような気が致します。
日本では100円そこそこで売っているような3個くらいセットになった紙パックのジュースが450円ほどでございましたし、お土産物は1000円以上が普通でございました。

特にツアーで連れて行かれるようなお店は、高いものばかりでございます。
観光地付近で売っている怪しいお土産物はわりとお安めでございますが、やはり観光地価格と言いたいようなお値段ばかりでございました。

しかし、街並みや景色は本当に素晴らしゅうございました。
日本とは文化がまったく違うと感じ入りましてございます。
以前オーストラリアに行ったときも異国だとは思ったのでございますが、今回はそのときよりもさらに異国だということを感じたのでございました。

異国に行くと、その土地の文化に触れて新鮮さや驚きを知ることができるのと共に、日本の良さを再確認することもできるかと存じます。
ほんの数日ではございますが、イタリアに行って実感した日本の良さは以下のようなものでございます。


わりとどこにでもトイレがある


トイレに便座がある


トイレの水がしっかり流れる


最近ではウォッシュレットがあるところも多い


基本的にトイレ使用は無料


日本でも上記以外のようなトイレはあることでございましょうが、大体のところはこのような感じかと存じます。

イタリアでは駅にトイレがなかったり、トイレの数が少ないのでございます。
便座もないところが多いのでございますし、流れも悪かったり致します。
そしてウォッシュレットなんて一度も見かけたりは致しませんでしたし、80円~170円程度のチップが必要なところが多いのでございます。

ヨーロピアントイレ便座のないトイレでございます。
それでもまだ綺麗なのが幸いでございます。
ヨーロピアントイレ和式にも似た感じでございます。
これでも有料で、170円ほどでございます。


このトイレ事情により、私と夫はイタリアに住めないと実感したのでございました。


それと、旅行中にiモードが繋がったので何回か更新してみたのでございますが、コメントをつけて下さった方やご覧になって下さった方、ありがとうございました。

私の持っている携帯(Docomo)は、海外で携帯を使う契約(無料)をしているので海外で使用できるのでございます。
しかし、接続料がぼったくりでございます。
メールを1通送るのに50円以上かかるのでございます。
私はこの何回かのブログ更新くらいにしか使わなかったのでございますが、海外通信料だけで1,475円という金額になっておりました。

でも、コメントは拝見しておりました。
これからのそのそとお返事や皆様へのブログ訪問をさせて頂きます。
どうもありがとうございました。


FC2ブログランキング ←海外の文化…FC2ブログランキング
人気blogランキング ←日本の良さ…人気blogランキング
このブログがお気に召しましたら両方クリックして頂ければこの上ない幸せにございます。

怪しい看板
20071031000706
「指圧」は国際語のようでございます。

それにしても、お腹が空いて仕方ございません。
イタリアといえば濃い味付けで量がいっぱい、食事が美味しいというイメージでございましたが、ツアーの食事だからなのか違うのでございます。

味は薄く、塩をかけてようやく食べられるレベルでございます。
さらに量は少なく、二品+小さなデザートくらいでございます。

今までで一番満足した食事は日本を飛び立った直後に出た機内食でございます。
このツアーは年配者向けなのかも致しません。

美味しい料理をお腹いっぱい食べたいものでございます。

水の都ヴェネツィア
20071030060102
ゴンドラに乗って運河を流れてまいりました。
北海道の小樽運河と似た香りが致しました。
降りた後も地面が揺れているようでございます。
Copyright © 濡れた花. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。