痔から始まったほのぼの系日記

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肛門狭窄
ここ最近、お腹の調子が快調だったにも関わらず、どうも調子が悪くコーヒーさまに頼りながらもいまいちな私でございます。

「痔よ悪化しろ」

「痔のネタを」

このようなが発せられているのでございましょうか。

さあ、皆様お待たせいたしました。
痔の話題でございます。

といっても、最近の私の痔の状態はとても良いものでございます。
薬も使用しておりません。
強力ポステリザン(軟膏)の出番もなしでございます。

排出の後に、その部位にお腹を下したときのような鈍い痛みが走るだけでございます。

しかしながら、排出物が液体状に近かったり、細かったりするのでございます。
これは薬の影響だとは思うのでございますが、このままだと肛門狭窄にならないか心配になって参りました。

父が長年、同じように細い排出物を出し続けた結果、肛門狭窄となってしまったのでございます。
検診でその部位にお医者様の指を入れられたとき、「痛い!」と叫んで、とうとう指が入らなかったそうでございます。

そしてそれにより肛門裂肛…つまり、切れ痔になってしまったのでございます。
しかも手術が必要でございました。

これを解消するためにはどうすればよいのか、ただいまお尻に少々鈍い痛みを覚えながら考えている次第にございます。


ちなみに、痔関連の連載を『五十肩こうちゃんの日記』で行っていらっしゃいます。
URLは↓でございます。
http://kouchan9.blog61.fc2.com/


FC2ブログランキング ←あなたに快調をお届けするFC2ブログランキング
人気blogランキング ←あなたに健康をお届けする人気blogランキング
このブログがお気に召しましたら両方クリックして頂ければこの上ない幸せにございます。

手術でなくては取り除けぬ恐怖
それでは本日は、原点に立ち返ってみることに致しましょう。

4つの赤い花びら」でも書いた「内痔核」のことでございます。

何でも内痔核は一度できてしまうと、手術で取り除かない限り、一生治らないそうでございます。

しかも、表面に一つ出来ていたとしたら、裏には三つできているそうなのでございます。
4つの赤い花びら」で書いた方は、四つの内痔核をお持ちでございました。
つまり、彼女は十二個もの真の内痔核をお持ちだったことになるのでございます。

しかも、強力ポステリザンと座浴で治した彼女は、真の意味で治ったわけではないのでございました。
何でも、未だにコリコリとした部分があるそうにございます。

ちなみに私の愛用する痔の薬「強力ポステリザン(軟膏)」も病院でなくては処方してもらえぬ薬でございます。
私は父から掠め取って生きております。

私の痔の状態は、先日排出の際に少々痛みを感じたものの、出血はなかったので、快方に向かっているようでございます。

しかし、「正しい痔の薬の挿入の仕方」のような神業を見につけるには至っておりません。

父から痔の手術について伺ったところ、手術時はうつ伏せの状態で行われるそうでございます。
昔はとてもアクロバティックなポーズだったそうでございますが、今はそうではないそうでございます。

皆様も、痔だと思ったら病院に向かうのが完治への近道でございます。
…と言いつつ、私は恐ろしくて未だに病院に行けておりません…。

FC2ブログランキング
↑恐怖のFC2ブログランキング
人気blogランキング
↑安らぎの人気blogランキング

正しい痔の薬の挿入の仕方
強力ポステリザン(軟膏) これが痔の薬、強力ポステリザン(軟膏)にございます。
 本日はこれを正しく挿入する方法をお伝え致しましょう。

 【用意するもの】
 ・強力ポステリザン(軟膏)←左写真のものでございます
 ・コットン←化粧用のものでOKでございます



さあ、皆様、準備はよろしゅうございましょうか。
まずは封を開けて「強力ポステリザン(軟膏)」を取り出し、先端部のキャップを開けるのでございます。

そして次に、「コットン」に「強力ポステリザン(軟膏)」を薄く塗りつけるのでございます。
このとき、全面に塗るのではなく、中央部に円を描くようにして塗るようにご注意くださいませ。

ここでしゃがみ、痔の部位に「強力ポステリザン(軟膏)」を挿入し、中身を押し出しながらぐりぐりと塗りたくるのでございます。
そして塗り終わると、先ほど用意した「コットン」で封をしてお終いでございます。

ここまでが、普通のやり方でございます。


さて、ここからは人前でも大丈夫、部屋の隅っこで行えばばれることもないという方法をお伝え致しましょう。

用意するものは同じでございます。
そして、部屋の隅っこ…なるべくなら、角の部分がよろしゅうございます。
そそくさとそこへ移動致します。

それから、利き足を前に出しつつしゃがみ、スタンディングポーズのやや引き気味のような形を取るのでございます。
手や利き足と反対の足を地面につけることはしないのでございます。

普通にしゃがんでしまっては、挿入がしづらくなるので注意が必要でございます。

さらにズボンをお尻の半分だけはだけるのでございます。
このとき、前の部分まではだけてはなりません
あくまで後ろの部分だけでございます。
うまくいきましたら、同じように下着もはだけるのでございます。

あとは、先ほどご紹介した普通の方法で「強力ポステリザン(軟膏)」を挿入致します。
封をして終了したら、下着とズボンを元に戻し、何事もなかったかのように部屋の中央へと戻っていくのでございます。

これが、正しい痔の薬の挿入の仕方だそうでございます。

しかし、何故部屋の中で行う必要があるのかは、でございます。
お手洗いやお風呂場等ですれば良いのではないかという疑問は、禁句なのでございます。


FC2ブログランキング ←普通派だけでは物足りないFC2ブログランキング
人気blogランキング ←あなたも清く正しく人気blogランキング
このブログがお気に召しましたら両方クリックして頂ければこの上ない幸せにございます。

入れる方?入れられる方?
とあるところに、顔はジャニーズ系身長は180cm以上のマッチョ体型の殿方がいらっしゃいました。
さぞかしモテることだろうとお思いでございましょうが、少々違うのでございます。

口を開くと、おネエ言葉なのでございます。

そのような彼は、女性向けのエステに通い、フェイシャルで美しさに磨きをかけておりました。
しかし、女性向けのエステでございます。
疑問に思ったエステティシャンもいたそうでございます。

そして、あるとき禁断の質問がされたのでございます。

あなたは入れる方、入れられる方、どっち?

しかし彼は平然とした様子でお答えになったそうでございます。

「うーん…アタシはどっちかっていうと、入れられる方かな

その答えを聞いたエステティシャンは、第二の疑問がわきあがってきたそうにございます。

は大丈夫なの?」

この質問にも、やはり彼は平然としていたそうでございます。

何でも、ハワイ産のとても良いクリームがあるそうで、それを使っているが故に問題はないそうでございます。
しかし、普通のクリームを使用した友人の中にはになってしまった方もいらっしゃるそうでございます。

そのになってしまった方は、病院に行ったそうでございます。
そしてそこでは間違ってもそのような行為でそうなったとは悟られぬよう、精一杯男らしく振舞ったそうでございました。

しかし、病院の先生の言葉は無情なものでございました。

ここは出す場所で、入れる場所ではないよ

きっぱりとそう言われたそうにございます。
やはり、お医者様にはわかるようでございます。


FC2ブログランキング ←あなたもジャニーズ系マッチョにFC2ブログランキング
人気blogランキング ←あなたも美に磨きを人気blogランキング
このブログがお気に召しましたら両方クリックして頂ければこの上ない幸せにございます。

腸の中のアヒルちゃん
とある病院(肛門科)にあるご老人が腹痛を訴えて訪れたそうでございます。

何故痛くなったかの原因はよくわからないと、ご自分ではおっしゃっていたそうでございました。
しかし、原因がわからないのならば、何故内科ではなく肛門科を訪れるのか、謎でございます。

それはともかく、ご老人のレントゲン撮影が行われたのでございます。
すると、そこには信じられないものが写っていたのでございます。

腸内に、くっきりとアヒル型の物体が写っていたそうにございます。

そのご老人は、自らの腸内に陶器のポット・アヒルちゃんを入れてしまったそうでございました。
ご本人は理由はよくわからないとすっとぼけていらしたそうでございますが、どう考えても普通に入るものではございません

もちろん、そのアヒルを入れるという行為に伴う副産物もございました。
言うまでも無く、その部位が切れること…「切れ痔」でございます。

結局、麻酔をかけてその部位を開き、アヒルちゃんを取り出したそうにございます。

そして、そのアヒルちゃんがくっきりと写ったレントゲン写真は先生の宝物となり、心が荒んだとき、疲れたときなどは机からこっそりと出して、笑顔を取り戻すそうにございます。


FC2ブログランキング ←あなたに腸の健康をお届けするFC2ブログランキング
人気blogランキング ←あなたに宝物を得た笑顔をお届けする人気blogランキング
このブログがお気に召しましたら両方クリックして頂ければこの上ない幸せにございます。
Copyright © 濡れた花. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。