痔から始まったほのぼの系日記

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道草
先日実家に行ったとき、ふとアスファルトに咲く花を見つけたのでございます。

アスファルトに咲く花←クリックすると大きな画像が開きます

そして何となく散歩していたら、懐かしい花を見つけたのでございます。

花←クリックすると大きな画像が開きます

この花びら(?)を抜くと、根元の蜜が美味しいのでございます。
幼い頃、よく啜ったものでございます。

そういえば他に食べていた草はないだろうかと探してみたのでございますが、先の穂みたいなものをとると新芽のような部分が美味しかった草や、しょっぱい草などが見当たらなくなっておりました。
昔は見なかった草花があり、私の幼い頃とは雑草も大分入れ替わっているようでございました。

そして夫にも昔食べた草の話をしたのでございますが、驚かれましてございます。
夫は道に生えている草など食べたことがないというのでございます。

山育ちなのに何故食べなかったのかと聞くと、よっぽど食べるものがなかったのかと言われましてございます。
しかし私は幼い頃、空腹というものがよくわからなかったのでございます。
食べることが面倒で、私が「お腹空いた」と言い出したのは中学に入ってからだと親が言っておりました。

そこで道端の草を食べていた頃を思い出してみたのでございます。
当時、家にあふれていたおやつといえば、夕張メロンピュアゼリーでございます。

親の仕事の関係で、青果物が大量にあったのでございます。
夕張メロンピュアゼリーは何箱も積まれており、毎日食べていたのですっかり飽きておりました。
ちなみに本物のメロンも時期になると毎日食べていたので、数年すると家族みんなでメロンに飽きておりました。

今考えると、何という贅沢だと思うのでございますが。
そしてどう考えても、道端の草よりメロンのほうが美味しいと思うのでございます。

しかも当時食べていた果物は贈答品レベルの物ばかりでございました。
肉はろくに見ることもないような家庭だったのに、アンバランスでございます。

現在、自分で買い物をして相場がわかるようになった今では、果物など高くてそうそう買えずにおります。
おつとめ品のバナナが我が家のお気に入りでございます。

ちなみに私は「バナナはおやつに入らない」派でございます。
おかず、デザートの一種という感覚でございます。
夫は逆で「バナナはおやつに入る」派でございました。

そして野に咲く草を食べることは、この年ではもう難しゅうございます。
不審者として見られるか、哀れみの目で見られるかでございましょう。
山菜取りで思いを満たすしかなさそうでございます。

Comment

 秘密にする

>根元の蜜が美味しい
子どもの頃、確かに、チューチュー吸ってましたわw
懐かしいwww
結構、いろいろ口にした記憶があります。(^_^;)
今は、すっかり忘れましたが?
>幼い頃とは雑草も大分入れ替わっているようでございました。
妙に納得です。ちょっとした所でさえ、今は土が見えないもんなw

旦那様は、確か農家のご子息でしたよね。
意外と農家の方は、食べ物に困らないので、
興味が無いのかもしれませんね。
花矢さん宅は、果物関係でしたかぁ~?
ウチは、母方系がお菓子屋だったので・・・
ケーキやカステラの切れっぱし、ばっかり食べてましたw
>バナナ
なんでも我が県は、消費量が全国一らしいですが?
わたくしも、デザート派かなぁ~。
子どもの頃の、食生活&食文化は、
大人になっても影響が大きいものでございますね。(^。^)
ガウス@ | URL | 2009/09/12/Sat 22:25[EDIT]
お久しぶりです。
お体は大丈夫ですか?

その花は、小さいときこぞって友人と吸っていました派です。僕は甘党でして、小さいときは角砂糖は基本でスティックの砂糖も大好物でサクラデンブって分かりますかね?大好きでして、でもこの花の甘さは違うんですね。ここの花は甘いとかここはまだ甘くないとか小さいながらも縄張りというか自分だけが知っているこの蜜の花とかを競ってましたよ。
halty | URL | 2009/09/13/Sun 00:10[EDIT]
忘れ去られておらず安心しました。

ワタクシは学校の花壇に咲くサルビアの花の蜜を吸っていた・・・と言う事はヒミツです。
博蔵 | URL | 2009/09/13/Sun 02:23[EDIT]
ツバキを始め、いろいろの草花の蜜をチューチュー吸っておりました
そういわれれば、それらの草花は今見かけなくなったような気が・・・?

(゜-゜*)(。。*)ウンウン!!
バナナはデザート!!おやつではありませんぞぉ~(0^_’)b!!(笑)
よっちゃん | URL | 2009/09/13/Sun 16:43[EDIT]
つつじの花の蜜とかよく吸ってましたけどね~。嫁に聞いてみたら彼女もやっていたそうです。子供はみんなやってたのかと思ってた・・・w

僕たち夫婦が特別貧乏であった可能性は否定しませんけれども。だって、高級なおやつがあったわけでもなく野草を口にしていた、というわけですしww
記号士 | URL | 2009/09/14/Mon 22:00[EDIT]
ブログ再開が嬉しいです 体調はいかがですか
なんせ40年以上前のこととて すっかり忘れとりましてん
花矢様の記事、拝見して、団地のツツジの蜜を吸ってあるいた子供時代を思い出しましたわ

他のことは『以下略』でも 食事と本と教育費は豊かな実家のこと お腹 空いてたんちゃいます、有るとか無いとか 欠乏してるとか余ってるとか そんなんと 次元がちゃう話でしてん

中学に入ると 自然が豊かな地域から上京してきた同級生もいて
彼女らと、椿の実、採って 油を滲ましたり
ヘビイチゴ、桑、くこ、ガマズミ、木苺…いろいろ食べてみました
青梅は毒やねんけど 柔らかい黄色く熟れたんは美味しかったですわ
かめ@ご無沙汰しております | URL | 2009/09/30/Wed 01:18[EDIT]
こんにちは。
根元の蜜が美味しいと、友達に言われてやっておりましたが
私は味がよく分からずに大人になりました^^;
ただ、吸うのが懐かしいかと言われれば、凄く懐かしいです。
この記事を読んでいて、子供の頃を思い出しました*

無理せずに、更新頑張ってくださいね^^
ふみっち | URL | 2009/10/06/Tue 17:38[EDIT]
コメントありがとうございました
>ガウス@さま
やはり花の蜜は啜るのが子供というものでございますよね。
夫の実家は農家でございますが、乾物屋が一軒だけという村に育ったので
甘いものには飢えていたと思うのでございますが、何故か蜜は啜らなかった
ようでございます。
私の家はサラリーマン家庭でございましたが、父の仕事が青果物関連で
ございました。
ガウス@さまの母方のお宅はお菓子屋さんでございましたか。
子供にとって憧れの環境でございますね。
そればかりだと飽きるのかも致しませんが、子供たちからはさぞかし羨望の眼差し
だったことでございましょう。


>haltyさま
お気遣い、ありがとうございます。
現在はとても元気でございます。

サクラデンブ、懐かしゅうございます。
私も好きでございました。
それにしても花の蜜にも縄張りがあったとは、微笑ましいというのか
それとも本能というのか、面白いものがございますね。


>博蔵さま
学校の花壇とはなかなかチャレンジャーでございますね。
私は見知らぬよそ様のお宅のツツジを啜っておりました。
もう時効…でございますよね。


>よっちゃんさま
やはり花の蜜は啜るものでございますよね。
大人になってからは啜らなくなったので気にも留めずにおりましたが、
今それらの草花を探してみるとなかなか見つからないのでございますよね…。


>記号士さま
子供とは花の蜜を啜るものでございますよね。
幼い頃、友達数人であるお宅のツツジに襲い掛かったりしたものでございました。
きっと蜜に群がる本能があるのだと思っております。


>かめさま
やはり子供は蜜を啜るものでございますよね。
色々草花を採って食べたり遊んだり、楽しい思い出でございますね。
私も子供の頃、そういったことに詳しい友達がいて色々教えてもらい、
草花と親しんだものでございました。


>ふみっちさま
お気遣い、ありがとうございます。
とてものろのろと更新しております。

蜜を啜るのは子供が通る道でございますよね。
味がよく分からなかったとは残念でございます。
結構当たり外れが大きいので、外ればかりだったのかも致しませんね。
花矢 | URL | 2009/10/20/Tue 17:41[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 濡れた花. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。