痔から始まったほのぼの系日記

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うつ病
ご無沙汰しております。
前回の更新からもう半年以上経っているという不精ぶりでございます。
何回か更新しようと下書きはしたのでございますが、結局更新できずに月日が流れましてございます。

私はこのブログを始めたとき、いつか書こうと決めていたことがございます。
そのことを書くときがきたのだと思っております。

すでにご存知の方もいらっしゃるとは思いますが、私はうつ病でございます。

うつ最高潮が過ぎたあたりのとき、文章の練習でもしてみるかなと思って書き始めたのがこのブログでございます。
ちなみにになったのはうつ病の薬が原因でございました。

いつか治ったときにこのことを書こうと思っておりました。
まだ病院で治ったと太鼓判を押されたわけではございませんが、もううつ病の薬は飲んでおりません。

こう書くと不治の病のごとき重篤さが漂うような気も致しますが、治そうと思えば治る病気だなと思いましてございます。
今まで長引いていたのは、治りたくない気持があったからだと存じます。
表面上は治したいと思いながら、心の奥ではどこかこのままでいたいという気持ちがあったのだと思いましてございます。

前回の記事を書いたあたりで、もう甘えるのはやめて治そうと思ったのでございます。
そして約半年、今では薬がなくとも日々平穏に過ごしております。

もともとうつ病になった原因は会社での色々だったのでございますが、私の場合は心というよりは体に出るタイプのものでございました。
仮面うつとも呼ばれるもののようでございます。

普通に話したり笑ったりできるのでございますが、原因不明のめまいや肩こりに悩まされていたのでございます。
めまいがしたので耳鼻科に行ったら問題がないと言われ、内科に回されてそこでも問題なし、次に神経内科、整形外科と病院をはしご致しました。

実はうつが原因だったと知ったのは、最初の異変から何ヶ月も過ぎた頃でございました。
会社でうつ病を経験したという方に心療内科をすすめられたのでございます。
最初は「この人は何を言っているのだろう、自分がうつ病なはずがない」と思ったのでございますが、もしかしたら…と受診したところ、当たりでございました。

そしてその頃にはすっかり重くなってしまっていたのでございます。
ちなみにめまいや肩こりはうつ病の薬を飲み始めたところ、劇的に改善されたのでございました。

普通に人と話したり笑ったりできても、体に出るうつもございます。
原因不明のめまいや肩こりなどの諸症状に悩まされている方がいらっしゃいましたら、もしかしたらうつが原因なのかも致しません。

全てがそうとは限りませんが、私がそうだったように可能性はあるかと存じます。
「自分は絶対病気にならない」ということはないのでございます。

早くに気づけば、その分早く治療を開始することができましてございます。
心に何かを溜め込んでいる方は自分をよく見つめ直してみることをおすすめ致します。

思えば私は会社でマイナスの感情を溜めに溜め込んでおりました。
一番重かったのは「わかってもらえない」ことでございました。
自分が勝手なことを言っているからわかってもらえないというのが基本なのでございますが、分析していくうちにそれだけではないと気づいたのでございます。

自分がより正しいことを言っているけれど、相手にはそれがわからなかったのだというケースもございました。
今までは全て自分の至らなさ故だと自分を責めておりましたが、そうではなく「相手がわからないということをわからないといけなかった」ということもございました。
ややこしい話でございますが。

うつ病になったことは、自分を見つめ直せということだったのだなと感じております。
反省は必要だけれども自分を責めるだけではいけない、感情で物事を考えてはいけないということではないかと思っております。

そして、考えれば考えるほどろくなことがなかったような会社生活だったのでございますが、何故か全体的なイメージは良い思い出なのでございます。
今でも社歌のメロディを口ずさむことがございます。

突然夜中に夫と二人で社歌を熱唱したり致します。
近所迷惑でございます。

ちなみに夫とは職場結婚でございます。
しかし付き合っていた頃は部署も勤務場所も離れており、結局結婚するまで周囲に知られることがございませんでした。
何故結婚に至ったのか、今でも不思議でございます。



このブログを閉鎖するかどうかかなり迷ったのでございますが、まだ書きたいこともあるので細々と続けていこうと思っております。
最初はうつ病のことを書くときまでしか考えていなかったのでございますが、いざ書き始めてみると水虫の話やら夏にふさわしい話やら、書きたいと思うことが出てきております。

Comment

 秘密にする

待ってました(〃∇〃)♪
花矢さん
暑くて溶けたのかと思いましたよ(;^^Aナンテ

☆水虫の話期待してます(・ω・)ゝ
k-yam. | URL | 2009/06/25/Thu 15:56[EDIT]
ご無沙汰しております。記号士でございます。
聞けば聞くほどうちの奥さんがうつを発症したときと似ておりますね・・・そして同じように奥さんは今ではよくなったようでうつの薬は飲んでおりません。
自分は病院関係の仕事なのでそれなりにわかっていますが、世間一般の精神的な疾患に対する認知度の低さというのはもうちょっとどうにかならんものかなとちょくちょく思いました。体の異常まででるとはなかなか思いつかないようで。

花矢さんもそのあたりずいぶん苦労されたのではないでしょうか・・?
記号士 | URL | 2009/06/26/Fri 12:39[EDIT]
正直、ビックリなかミングアウトでございましたw
きっと、子作りに励んでいるとか・・・
勝手な妄想をしておりました。(^_^;)
>うつ病
最近、多いらしいですね。事実、ブログ友でも何人か居ますが?
大変そうだなぁ~と思うと供に、
コメにいらん事書けない微妙な感覚で捕らえておりましたが?
>心に何かを溜め込んでいる方は自分をよく見つめ直してみることをおすすめ致します。
結構、ドキッとしてる自分が居る事も事実です。(汗
なにはともあれ、復活してよかったですw
ガウス@ | URL | 2009/06/26/Fri 22:09[EDIT]
おかえりなさい(*⋂_⋂*)♪!
なにはともあれ、お元気になられてなによりです
どうも世間一般では、そうした精神的病に対する認知というか評価が低いようで・・・ ともすれば、「やる気がない」「甘えているからだ」などの根性論にすり替えられてしまいがちで、それがまたストレスを増長させる原因になるといった悪循環になりがちですね・・・

まっ!こうして復活したからにはまた楽しい話まっておりますぞぉ~(0^_’)b!!

とりあえず・・・水虫の話・・・かな?(笑)
よっちゃん | URL | 2009/06/29/Mon 06:54[EDIT]
体に来るうつ病の症状は原因がわかりづらいですよね。

私の知り合いでもまさかうつ病だとは思わずにしばらく我慢して過ごしていたという人がいました。
うつ病の症状と治療法 | URL | 2009/06/30/Tue 18:50[EDIT]
コメントありがとうございました
>k-yam.さま
最近は暑くなったかと思えばまた涼しくなったり、
ばらつきのある気候でございますね。
何とか溶けずに生きております。


>記号士さま
SEなどの職業には特に多いようでございますね。
奥様も激務だったのでございましょうね。
今はよくなったようで、幸いでございます。

精神的な疾患に対する認知度は、本当に低いものがございますね。
私も自分がうつになるまでは認知度の低い一人でございました。
まさか体の異常が出るとは思っておりませんでした。
自分の体がそうなって、ようやく理解致しました。


>ガウス@さま
最近はうつ病にかかる方は多いようでございますね。
接し方もまた困るものでございましょうね。
腫れ物に触るようになってしまったり何だり…。

心に何かを溜め込んでいる方も多いのでございましょうね。
良いストレス解消法を持っていれば大丈夫かと存じますが、
気づかないうちに溜め込んでしまうのが良くなさそうでございます。


>よっちゃんさま
最近は少し広まってきたものの、まだまだ世間一般での認知度は低い
のでございましょうね。
「やる気がない」などと言われ、自分はダメだと自分を責めていき…
と悪循環でございますね。

何だか、昔はそばアレルギーも好き嫌いの一種くらいにしか
思っていない人が多かったのを思い出しましてございます。


>うつ病の症状と治療法さま
体に出るうつだと、気づかないままの方も多そうでございますね。
まさか原因がうつだとは思いにくいかと存じます。
花矢 | URL | 2009/07/03/Fri 21:58[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 濡れた花. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。