痔から始まったほのぼの系日記

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネズミ年
最近、なかなかブログ更新の時間がとれずにおります。
前回更新した日付を見て、愕然と致しました。

私は在職中に心と体を病み、今でも定期的に病院通いをしているのでございますが、これまでそれなりに順調だった回復状態に翳りが見えてきたのでございます。
回復するまでは妊娠・出産にドクターストップがかかっているのでございます。

そろそろ子供子供と言われるのが辛くなってまいりました。
私としても、両親に早く孫の顔を見せてあげたいという気持ちはあるのでございますが…なかなかうまくいかないものでございます。


それはさておき、14日に北海道神宮までどんと焼き(お焚き上げ)に行ってまいりました。
当日はわりと暖かい日で、天気もよろしゅうございました。

どんと焼き←クリックすると大きな画像が開きます

一見、火災現場かと見間違えそうでございます。
どんと焼きの現場でございます。

その後、お参りをしてお守りなどを購入後、北海道神宮のご近所にある円山動物園に行ってまいりました。
ネズミ年にちなんだ特別展「ワイルドマウス展・北海道の野ネズミたち」が開催中なのでございます。

最初はワイルドマウス展の開催場がわからず、取りあえず全部見ていけばそのうちたどり着くだろうということで、適当に色々と見てまわったのでございます。

カバ←クリックすると大きな画像が開きます

エサをもらっているカバでございます。
とても大きな口でございました。

アナコンダ←クリックすると大きな画像が開きます

世界最大のヘビ、アナコンダでございます。
水に浸かっておりました。

アナコンダ説明←クリックすると大きな画像が開きます

そのアナコンダの説明でございます。
この説明の最後の部分が、なかなか気になるものでございました。

飲み込まれた飼育係はまだおりません

「動物園の個体は現在体長4m、体重30kg、掃除中などたまに襲い掛かってきますが、まだまだ迫力も足りず、飲み込まれた飼育係はまだおりません。今後の成長が楽しみです。」

飲み込まれることを前提としているのだろうかとか、今後成長して飼育係を飲み込むことを楽しみにしているのだろうかなどと思ってしまい、ドキドキでございました。
やはり飼育係とは、かなりハードなお仕事のようでございます。

色々見て行き、やっと最後に「ワイルドマウス展・北海道の野ネズミたち」にたどり着いたのでございました。

小さなネズミがもぞもぞとしたりしておりました。
一般的に「これはドブネズミだろう」というような感じのネズミもおりました。

しかし、やはりネズミの中で群を抜いて大きいのはこれでございます。

カピバラ←クリックすると大きな画像が開きます

世界最大のネズミ、カピバラの模型でございます。
飼育員の方が実物大で作ったそうでございます。

かなり精巧にできておりました。
そして間近で大きさを見てみると、とても家で飼えそうにはないサイズでございました。

何でも、秋篠宮文仁親王がご自宅でカピバラを飼われているそうでございます。
うらやましゅうございます。
私もカピバラを飼ってみたいものでございます。

シャーマントラップ←クリックすると大きな画像が開きます


そして、現代のネズミ捕りでございます。
何だか洗練されている感じでございます。
昔ながらのネズミ捕りとは違う気が致します。(参考:夫の実家のネズミ捕り

そして「野ネズミを捕まえるには国や都道府県の許可が必要です。勝手にかわいいからといって捕まえてはいけません」という記述がございました。

ネズミを捕るのに許可が必要というのは初めて知った事実でございました。
しかし夫は「別にかわいいから捕まえるわけじゃないんだよな…」と呟いておりました。

ちなみに夫と私の母はネズミのことで話が合っておりました。
しかし、処分方法は母が水を使用したというのに対し、夫は棒を使用とのことでございました。
なかなか残酷な話でございます。


FC2ブログランキング ←成長を楽しみにグランキング
人気blogランキング ←今年はネズミ年…人気blogランキング
このブログがお気に召しましたら両方クリックして頂ければこの上ない幸せにございます。

Comment

 秘密にする

ワイルドマウス展てw
冬の丸山動物園を楽しんでこられたご様子。
丸山には久しく行ってませんわ。
ちょっと遠いのですが、登別マリンパークニクスも楽しくてよ。
海の生き物以外が沢山いますのw
ojousama | URL | 2008/01/19/Sat 20:50[EDIT]
ワイルド、アナコンダ?
寒いと、いたるところに不具合が出ますね。
嫌な季節です。

アナコンダの成長が、楽しみです。(爆
カピバラさん、飼ってみたい。(笑
ゴールデンレトリバーと、どっちが大きいのかな?
あれ位なら、何とかなりそうな感?(笑
最近のねずみ取りは、ハイカラですねぇ~。

無理せず、自分のペースで更新してください。(^_-)-☆


ガウス@ | URL | 2008/01/19/Sat 21:34[EDIT]
>そろそろ子供子供と言われる
言う側には解っていないのでしょうが、これは危険なことでございます。
うつ病患者に「頑張れ」といってあおるようなものでございます。
ウチの親もそうでしたが、はっきりと「そういうことは言ってくれるな」と言わないと止みません。

>掃除中などたまに襲い掛かってきますが、まだまだ迫力も足りず、・・・
きっと飼育員の方々は、ヘビのようなナイトライフを送っているのでございます。
アナコンダよりも一枚上手なのでございます(笑)

>勝手にかわいいからといって捕まえてはいけません」という記述
国家はなにも解っていないのでございます。
「ドブネズミみたいに、美しくなりたい・・・」と、かの有名な歌にうたわれているではありませんか。
可愛いのではなく、美しいのでございます(笑)

>処分方法は母が水を使用した
その昔はネズミを捕まえると、シッポをひもでくくり川の中に漬け置き、翌朝にシッポだけを切り取り何本かになったところで保健所などに持っていったそうでございます。
ワタクシは見たことがありませんが。
そこまで歳喰ってはおりません(笑)


まったり、マイペースでまいりましょう。
ワタクシはプチエロペースでまいります(謎)

コーヒールンバ | URL | 2008/01/19/Sat 23:09[EDIT]
ワイルドマウス展って、地味な企画展をかっこよさそうな名前で何とかごまかそうとしただけのような感じがするんですが、どうだったんでせう?
| URL | 2008/01/20/Sun 01:02[EDIT]
わたくしの生家ではお湯を使用しておりました・・・未だにトラウマです・・・・
病に関してはうちの奥さんも同じです・・・やはりその手の病は日照時間とか気圧で大きく変わってきますのでこの時期は調子を崩しがちというのはあるかと思います。もっとあったかくなってきたらきっと改善すると思われるですよ!
記号士 | URL | 2008/01/20/Sun 22:27[EDIT]
ねずちゃん
ねずみの処分方法は、どちらも「その後」の処理が大変そうで・・・。

カピバラかわいいですね!始めて見ました!!


底冷えの毎日ですので、体調バランス崩さないように
くれぐれもお気をつけ下さいませね!
ゆきもこ | URL | 2008/01/21/Mon 00:01[EDIT]

お久しぶりでございます。
ヘビに関しては、実際に目の前に現れたならば真っ先に逃げ出す存在でありますが、図鑑や展示館ではどうしても目についてしまう生き物であります。

奄美大島に行ったときも、ハブ博物館への訪問は外さなかった次第です。

美しい女性にはとぐろ状に巻かれてみたいと思う私は、やはりMなのでしょうか・・・・
やんどふ | URL | 2008/01/21/Mon 00:59[EDIT]
私の
股間のアナコンダが世界最大になるためには
彼を倒さなければならないわけですね・・・

ハンマー持ってても勝てる気がしませんけど・・・
ゲンザイ | URL | 2008/01/21/Mon 01:38[EDIT]
どっかのホームセンターでネズミ駆除用の餌を見たことがあるよ
ゼンラーマン | URL | 2008/01/21/Mon 07:52[EDIT]
アナコンダが成長したら、「飲み込まれた飼育係りはまだ
一人しかおりません」という表記が見られる可能性も?(笑)

ひらり | URL | 2008/01/21/Mon 17:25[EDIT]
お身体の回復をお祈りしております
友人がめたちに、40代の初産は何人もいました。どうか焦らず、療養してください。

アナコンダの説明文…大笑いでした。まだ迫力も弱く、て(爆)

カピバラて こんな大きくなりますのん!
飼いたいけど諦めました。
かめ | URL | 2008/01/21/Mon 18:38[EDIT]
コメントありがとうございました
>お嬢様
登別マリンパークニクスにも、何回か行ったことがございます。
楽しゅうございますよね。
初めて展示されている魚たちに「美味しそう」という思いを抱いたのも、
ここだったような気が致します。


>ガウス@さま
どうもありがとうございます。
カピバラは、大きなゴールデンレトリバーくらいのサイズのような気が致します。
でも体がどっしりとしているので、同じサイズのゴールデンレトリバーよりも
体重が重いかと存じます。
ちょっと普通のマンションでは飼えなさそうでございました。
広めの一戸建てなら、頑張れば飼えるかも致しません。


>コーヒールンバさま
どうもありがとうございます。
言う側は悪気があるわけではないのでございましょうけれど、だからこそ自覚が
なくて厄介なのかも致しませんね。
はっきり言うようにしようと決意致しました。

ヘビのようなナイトライフ…そういえば、ヘビはそういったものの象徴だという話が
心理テストでございました。
ネズミのシッポを切り取って保健所に持っていったという話を夫にしてみたら、
「そういえば、あったかもしれない」と申しておりました。
昔はどこも似たような感じだったのでございましょうか。


>蛹さま
確かに企画展は質素な感じだったような気が致します。
ネズミ自体、サイズが小さいのがほとんでございますから、やはり迫力には欠けて
しまうのでございましょうね。
カピバラの模型が一番心に残っております。


>記号士さま
お湯…それはトラウマになりそうでございます。

お気遣い、ありがとうございます。
春の訪れをのんびりと待つことに致します。

「彼女さん」だったのが「奥さん」に変化しているところに、何故かちょっと
感動を覚えております(笑)


>ゆきもこさま
お気遣い、ありがとうございます。
ネズミは処分後も大変そうでございますよね。
夫の実家では弱らせて、猫に与えるということもしていたそうでございます。

カピバラは可愛らしゅうございますよ。
もし動物園に行った際、カピバラがいたらぜひ観察してみてくださいませ。
私は初めて見たとき、何故か笑いがこみあげてまいりました。


>やんどふさま
ハブ博物館なんていうのがあるのでございますね。
ハブといえば、ハブ酒を真っ先に思い出してしまいましてございます。
美しい女性にとぐろ状に巻かれてみたいというので、安珍・清姫伝説を思い出しまして
ございます。


>ゲンザイさま
彼を倒すほどのアナコンダの持ち主というのは、びっくり人間でございますね。
ギネスにも載れそうでございます。
そして、彼を倒してもまだまだ後ろには大物がいるのでございます。


>ゼンラーマンさま
ホームセンターでアリ駆除などを見かけたことはあるのでございますが、
探したらネズミ駆除もあるのかも致しませんね。
今度、探してみることに致します。


>ひらりさま
>「飲み込まれた飼育係りは一人しかおりません」
それは素敵な記述でございます。
「まだ」というあたりで、この先も犠牲者が出ることを示唆しているので
ございますね。
迫力を十二分に伝えることができそうでございます。


>かめさま
お気遣い、ありがとうございます。
カピバラはとても大きくなるようでございます。
模型では、私が両腕を広げたよりもやや小さい程度でございました。
戦ったら負けそうでございます。
飼うのはなかなか難しそうでございます。
花矢 | URL | 2008/01/22/Tue 22:59[EDIT]
両手を広げたより やや小さい…
そんなに大きくなる、とはー

もはや 乗用動物の域ですわ
はい、どうどう。
かめ | URL | 2008/01/23/Wed 16:31[EDIT]
ねずみ年
花矢ちゃん ヾ(@⌒ー⌒@)ノおはよう
我が家の末娘が、ねずみ年生まれですよ(^^;; ヒヤアセ
何だか、人事じゃあないような・・・。

ワイルドマウス展・・始めて知りましたよ。
動物園・・楽しい1日になれましたか???
たまには、気晴らししなくっちゃ!!
| URL | 2008/01/25/Fri 08:58[EDIT]
コメントありがとうございました
>かめさま
確かにカピバラには乗れそうな感じでございます。
愛玩動物の域は超えてしまった大きさでございます。


>夢さま
ご息女がねずみ年生まれなのでございますか。
家族がその年の干支だと、何だか感慨深いものがございますよね。

ワイルドマウス展は、私もそのようなものをやっているのだという感じで
ございました。
動物園は楽しゅうございました。
冬はつい家に閉じこもりがちになってしまうものでございますが、
やはり外に遊びに行くのは良いものでございますよね。
花矢 | URL | 2008/02/12/Tue 18:31[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 濡れた花. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。