痔から始まったほのぼの系日記

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見てるだけ
富良野のとあるホテルに一泊したときのことでございます。
そのホテルに泊まるのは3回目でございました。
しかし、このような出来事は今回が初めてでございます。

部屋はツインの洋室でございました。
窓側のベッドに私、壁側のベッドに夫という配置で寝たのでございます。

↓このような感じでございます。
窓 |私| |夫|壁

寝たのは大体日付が変わる頃だったのでございますが、夜中にふと目が覚めたのでございます。
そして空咳が止まらなくなったのでございます。

かなりの時間空咳が続き、苦しくなって洗面所に行ったのでございます。
洗面所はお手洗いと一体化した作りになっており、そこで小用も済ませたのでございました。
すると、空咳が止まったのでございます。

ベッドに戻る途中、二つのベッドの間に時計があるのを発見致しました。
デジタルの時計で「2:49」と表示されていたのでございます。

もう夜明け頃と思っていたのでございますが、実際には丑三つ時周辺でございました。
空咳が止まらなかったのは丑三つ時真っ最中ということでございます。

しかも、その時計の色が血のような赤でございました。
朝になってよく見てみたら赤っぽいオレンジ色だったのでございますが、そのときは赤く見えたのでございます。

さらに言えば、一日の中で最も嫌な時間をあげよと言われれば、私は「2:49」と答えることでございましょう。
ちなみに次点は「2:13」でございます。
丑三つ時周辺の時間で、縁起のよろしくない数字だからでございます。
 
何だかなあと思いながら、私はベッドに戻ったのでございます。
しかしそのとき、窓に背中を向けてはいけないような気がしたのでございました。

ベッドに入って少しすると、窓のほうに気配を感じたのでございます。
寝る前までは何もなかったのにと思いながら、私は無視することに致しました。

気にしたら、負けでございます。

とはいえ、気配はより強くなっていき、眠れずにおりました。
特に悪意や悪いものは感じず、ただ存在だけを感じたのでございます。

夫のベッドに潜り込もうかとも思ったのでございますが、そうしたら遮るものがなくなってしまうということが頭に浮かび、移動できずにおりました。
何がどうなっているのか、自分でも意味不明でございます。

そのうちに、大きな目玉白い服を着た女性のイメージが浮かんで参りました。
さりげなく窓のほうを見てみたのでございますが、実際の目で見ることは叶わなかったのでございます。
もともと、私はそういったものを目で見ることはほとんどできないのでございます。

気にしないで寝てしまおうと思ったのでございますが、どうしても寝付くことができなかったのでございます。
ずっと、よくわからないものと隣り合っておりました。

それがしばらくして、ふとした拍子に気配が消えたのでございます。
目を開けて窓のほうを見てみると、ブラインドの隙間からが差し込んでおりました。

夜中限定で現れたものがいったい何だったのか、よくわからないままでございました。
ただそこにいるだけで、別段何事もございませんでした。

そういった出来事に、もちろん夫は何も気づかずにぐうぐう寝ておりました。
ホテルにいる間はこの出来事の話も致しませんでした。

気付いてもいないのに、下手に何かを言ってしまっては意味なく怖がらせたりするだけでございましょう。
チェックアウトしてホテルをかなり離れてから、さらっと話したのでございます。

やはり夫は何も気付いておりませんでした。
平和なことでございます。

特に怖い思いをしたというわけではないのでございますが、いったい何だったのかが不思議でございました。

そういえばこの日、夜に夜の営みはございませんでした。
夕食前に一回その行為をした後、夜は疲れて寝てしまったのでございました。

もしかしたら、その行為を覗こうとしたのにいつまでたっても始まらないので、痺れを切らしてしまったのかも致しません。


FC2ブログランキング ←夏の風物詩…FC2ブログランキング
人気blogランキング ←ぐうぐうと…人気blogランキング
このブログがお気に召しましたら両方クリックして頂ければこの上ない幸せにございます。

Comment

 秘密にする

こぶたも全く感じない方です(いや、霊感ですが)
しびれを切らして消えていったというのも興味深いですね(笑)
こぶたナース | URL | 2007/07/31/Tue 22:22[EDIT]
きっと居たんだよ~。何もしないし悪い気も感じないというのは
よかったけど・・・その体験自体が疲れるよね。お疲れさまでした。

花矢さんの旦那さんに対しての優しさと思いやりにジ~~ンと・・
きました~。(^^)ニコ
下手に怖がらせてはいけないですよね。うんうん。
私んところはメチャ聞きたがりの私以上にハッスルして・・
さも自分が体験しているようにハイテンションになるから・・・
言わないようにしてます。最悪です。(ーー;)
shisuta | URL | 2007/07/31/Tue 22:33[EDIT]
ほほ~、気配かぁ~?
>もしかしたら、その行為を覗こうとしたのにいつまでたっても・・
そんな、エロおばけがいるのぉ~!っと、突っ込んでおきます。(笑
ぐうぐうランキングも!
ガウス@ | URL | 2007/08/01/Wed 01:55[EDIT]
ごめ~ん
覗いてたの、おらでした.。o○
ひでさん | URL | 2007/08/01/Wed 03:14[EDIT]
不感症なのかしら・・・
ほとんど、その<手>の経験がないわたしって、不感症なんでしょうか。。。ま、夜の病棟なんかで感じちゃったりすると、それはそれで大変な気もします。
tabisan | URL | 2007/08/01/Wed 05:00[EDIT]
夜の営みなんかしていたら、嫌がらせされたかもしれませんよ(笑)
ひらり | URL | 2007/08/01/Wed 10:16[EDIT]
コメありがとうございます。ョ-グルトの感想もいつかおしえてくださいね。
それにしても最近 花矢さんの 
ございます攻撃にはまってます。おもしろくてすきですよ。

心霊?!だったのかな。怖いですね。
あたしは霊感ない人なんで たぶん
だんな様と同じでしょうね。

らんきんぽち。
ちよっぱ~ | URL | 2007/08/01/Wed 16:20[EDIT]
コメントありがとうございました
>こぶたナースさま
感じないほうが楽でございますよね。
…こう書くと、何だか違う意味のようでございますが…。
いったい何をしに現れたのか謎でございました。


>shisutaさま
おそらく、何かがいたのでございましょうね。
悪いものではないようで良かったのでございますが、やはりその場にいるとなると
疲れてしまいましてございます。

聞いてしまって怖がりすぎるのも大変でございますが、ハッスルしてハイテンションに
なるというのもかなり大変そうでございますね。
好きな方にはたまらないのでございましょうね。
それは黙ってそっとしておいたほうが良さそうでございます。


>ガウス@さま
覗きだけではなく、実際に行為をしてくる霊もおりますよ。
しかもそれは、普通では考えられないくらいほどの快楽だったり致します。
ぐうぐうランキング、考えてみたら…というか考えなくても意味不明でございますね。
取りあえず思いついたものを書いただけの、考えなしでございます。


>ひでさんさま
覗いていらっしゃったのでございますか。
空間を超えて覗くとは、凄い能力でございますね。


>tabisanさま
不感症のほうが楽でございますよ。
夜の病棟で感じてしまうのは、恐ろしゅうございます。
そういえば私が入院していた頃は、壁から出てきた女性に首を絞められそうに
なったりしたこともございました。


>ひらりさま
嫌がらせ…いつまでたっても行為を完了できないとか、やる気がなくなるとか、
服を隠されるなどでございましょうか。
それも問題でございます。


>ちよっぱ~さま
おそらく心霊だったかと存じます。
霊感がないほうがこういったときは楽なような気が致します。
私も昔より霊感がなくなってきたのでございますが、以前よりもかなり楽で
ございます。
花矢 | URL | 2007/08/01/Wed 19:40[EDIT]
滞在先で奇怪な体験をするという話はよく聞きますね。やっぱり明るくなると活動をやめるんでしょうか。

僕は今変なものがにくっつかれているみたいで、もう1週間近く体中が静電気でバチバチします。
| URL | 2007/08/01/Wed 21:34[EDIT]
それはたぶん…1回目を覗いていて情熱的だったから
2回目を始めるまでアンコールしていたのではないでしょうか…w




Hasssy | URL | 2007/08/01/Wed 23:02[EDIT]
>夕食前に一回その行為をした後、夜は疲れて寝てしまったのでございました。

ちょww
ちゃんとしてるじゃんw

わらってもうた
たけ | URL | 2007/08/01/Wed 23:14[EDIT]
ちょ!怖い怖い怖い怖い!!
怖いのは怖いから嫌だ!!w

というわけでそれは「ノゾキ」に決定いたしました。自分のなかでw
記号士 | URL | 2007/08/01/Wed 23:52[EDIT]
以前もこんなことが なかったでしたか…?
まさか、オバケの覗き…?

かめ | URL | 2007/08/02/Thu 11:02[EDIT]
夕食前って。。。
姿は見ませんが、音を聞くというか時々耳元で。。。
中途半端なものならない方がいいなぁと思います。

なんでも中途半端はいけません。中途半端は。。。って。。。

何の話でしたっけ?v-413 (せっかくだったのにモッタイナイv-23
アザリア | URL | 2007/08/02/Thu 21:29[EDIT]
う~む・・・
心霊覗き?
江原さんが美輪さんといっしょに覗いていたのでしょうか?
まさか食前にスませてしまったとは想定外だったのでしょうか(^^?(笑)
よっちゃん | URL | 2007/08/03/Fri 02:46[EDIT]
幽霊の覗きは質が悪い…
花矢さんもですか!私も最近その手の感覚が異様に敏感になりましたね~…にしても、幽霊の覗きとはけしからん(笑)!丑三つ時の空咳は確実に嫌がらせでしょうね(笑)
大地オサム | URL | 2007/08/03/Fri 18:13[EDIT]
コメントありがとうございました
>蛹さま
よくどこどこのホテルは出るとか、旅先のそういったお話はございますよね。
活動はやはり丑三つ時といったお化けタイムに活発になるような気が致します。

1週間近くも静電気とは、何かに気に入られてしまったのでございましょうか。
うっとうしいものでございますよね。
早く離れていってくれることを願っております。


>Hasssyさま
アンコール…ということは、ずっと潜んでいたということでございましょうか。
随分と長い間覗いていたようでございますね。
でも、見られて興奮するというわけでもございませんので、ギャラリーは必要
ございません。


>たけさま
とりあえず、お約束でございます。
遠距離恋愛中は夕食前、就寝前、場合によっては朝食後ということもあったので
ございますが、最近は意欲がなくなってまいりました。


>記号士さま
書いてみてあまり怖くならなかったと思ったのでございますが、そのように
怖がって頂けて嬉しゅうございます。
ノゾキがずっと居座っていたというのも怖い話でございますね。
生きている人間のほうが怖いような気も致します。


>かめさま
時折、こういったことはございます。
オバケの覗きはうっとうしいものでございますが、生きている人間よりは
マシかも致しません。


>アザリアさま
中途半端に霊感があると、下手に怖いだけだったりするのでございますよね。
私も中途半端でございます。
やっぱりないのが一番楽かと存じます。
ちなみに夕食前の行為は中途半端ではなく、しっかりと終えましてございます。


>よっちゃんさま
食前に終了していたことを知らずに、じーっと待っていたのでございましょうか。
心霊覗きとは、またエッチな霊でございます。
しかし、丑三つ時が過ぎてもまだ覗いているとは、執念深いことでございます。


>大地オサムさま
夏になると、そういう時期になるのでございましょうか。
丑三つ時の空咳は辛いものがございました。
そういう嫌がらせはやめてほしいものでございます。
覗きも気づかれずにひっそりとやってほしいものでございます。
花矢 | URL | 2007/08/03/Fri 20:34[EDIT]
なあんか 引っかかって思い出せなかったのは
子がめ供が 小学校のときの 国語の教科書にあったお話し

ニワトリをネコだかキツネだかが 狙ろて じーっと見てるとこをみ咎められ『見てるだけ』だ、と 言い訳をしてる

ある日 とうとう ニワトリの逆襲が始まり
ニワトリが集団で襲いかかって
『みてるだけ』『みてるだけ』
『つっつくだけ』『つっつくだけ』
『けとばすだけ』『けとばすだけ』

…みたいな お話しでした。
かめ | URL | 2007/08/08/Wed 02:22[EDIT]
コメントありがとうございました
>かめさま
その話は恐ろしゅうございますね。
どんどんとエスカレートしていくところに恐怖を感じましてございます。
何だか「本当は怖い童話」のような感じでございます。
花矢 | URL | 2007/08/08/Wed 19:44[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 濡れた花. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。