痔から始まったほのぼの系日記

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲイ
昨日はオーストラリアにワーキングホリデーで行っていた友人と久しぶりに会ってきたのでございます。

その友人はつい最近日本に帰ってきたばかりで、会うのは約一年ぶりでございました。
色々な話に花が咲いたのでございます。


ゲイのこととか

ゲイのこととか

ゲイのこととか

………………


ゲイの話しか覚えておりません。

オーストラリアにはゲイの方が多かったそうです。
犬も歩けば棒にあたるではなくて、道を歩けばゲイにぶつかるそうでございます。

男性のフライトアテンダントはもれなくゲイだとか、いい男だと思ったらそれはほぼゲイだとか、色々と言っておりました。

オーストラリア男性は「fat, bald, ugly and gay」だそうでございます。

それはともかくとして、オーストラリアはゲイに優しい国だそうでございます。
マルディグラというゲイ・レズの祭典もございます。

もちろん友人はマルディグラも見てきたそうでございます。

日本人のゲイもオーストラリアに住んでいたりと、各国のゲイが集まってきているそうでございます。
おおらかな国でございます。

そのようなことを約6時間語り合ってきたのでございました。


FC2ブログランキング ←再会を喜び…FC2ブログランキングへ
人気blogランキング ←おおらかに…人気blogランキングへ
このブログがお気に召しましたら両方クリックして頂ければこの上ない幸せにございます。

Comment

 秘密にする

わっはっはははああaa~~
笑いました (*^_^*)
ひでさん | URL | 2007/06/15/Fri 19:16[EDIT]
久しぶりに会った友人のお土産話がゲイでしたのね!
お話の輪に加わりたくてよwww
未知の世界。
自由の国、オーストラリアですわ♪
ojousama | URL | 2007/06/15/Fri 22:59[EDIT]
愛があればボーダレスでいいよ~。
男同士でも女同士でも人間同士が愛し合うのだからさ。

そういう国が私は好きだな~ヽ(=´▽`=)ノ
私もそんなお話を6時間してみたいわ~。
花矢さんの幸せ者~v-238
オーストラリアの男事情は厳しいね~。
shisuta | URL | 2007/06/16/Sat 01:47[EDIT]
6時間もその話題で話せるということは、よっぽどそのネタが豊富だったんでしょうね(笑)。
| URL | 2007/06/16/Sat 02:06[EDIT]
6時間。。
そういったお話は、私もとても興味があるというか・・・
お話していて楽しいですよね(笑)。。
それにしても、ゲイの人は素敵な顔立ちの方が多いかも。。

rahoya | URL | 2007/06/16/Sat 08:53[EDIT]
ワーホリ、行きたいと思った時には年齢が対象外になってました OTL
ZENRA-MAN | URL | 2007/06/16/Sat 16:18[EDIT]
なんだかんだで楽しんでいるじゃん(笑)
たけ | URL | 2007/06/16/Sat 17:48[EDIT]
お国柄。
祭典のお話はテレビで見たことがありましたが、そういうお国柄なのですね。寛大なのですねぇ~。
mkaz | URL | 2007/06/16/Sat 18:29[EDIT]
「ゲ,ゲ,ゲゲゲのゲィ~♪」
って言ってなよなよしたクラスの男の子をいじめてた小学生時代を思い出しました.

ゲイの祭典なんてあるのですね
男性のフライトアテンダントを見たことないのでちょっと見てみとうございます.
Hasssy | URL | 2007/06/16/Sat 20:31[EDIT]
日本では女の子がゲイのマンガを書いて、しかもそのゲイのキャラがマンガのキャラなんだぜ!とオーストラリア人に教えてあげてください
ハラキリ | URL | 2007/06/16/Sat 21:59[EDIT]
uglyが素でわからない記号士ですこんばんわ。
みんなそのあたりにはまったく触れてないですが・・・英語に弱いのは俺だけか・・・○| ̄|_
記号士 | URL | 2007/06/17/Sun 11:49[EDIT]
元が英国から囚人が送りこまれて開拓したとこですから
オトコばっかりの環境で 贅沢は言ってられず そのうち多様性に寛容なお国柄になった…は 考えすぎ?
かめ | URL | 2007/06/17/Sun 23:44[EDIT]
関係ない話…_(_^_)_
タイトル見て思い出したんは 東京・世田谷の実家で毎朝『ゲーイゲイゲイゲイ』と鳴いて滑空する オナガ、ゆう野鳥でした(笑)
かめ | URL | 2007/06/17/Sun 23:46[EDIT]
ゲイにもオカマにも好かれます。
なんとかしてください(笑)
コーヒールンバ | URL | 2007/06/18/Mon 00:58[EDIT]
ゲイですかぁ。

日本も大分ゲイに寛大になったみたいですがオーストラリアに比べればまだまだってことですかね。
札幌もゲイが多い街らしいよね。
洋の東西を問わずゲイの人は美意識が高いのかもしれません。
博蔵 | URL | 2007/06/18/Mon 14:03[EDIT]
コメントありがとうございました
>ひでさんさま
笑って頂けて光栄でございます。
ゲイの話しかせずに何をやっていたのだろうという感じが致しますが、
報われたような気が致します。


>お嬢様
一年ぶりの友人のお土産話はゲイでございました。
こういったお話は何故か盛り上がるものでございますよね。
お嬢様のゲイ論も伺ってみたいものでございます。
オーストラリアはおおらかで自由な国のようでございます。


>shisutaさま
愛があれば性別なんて…でございますね。
人間同士であることにはかわりがございませんよね。
ゲイのお話は時間さえあれば、まだまだできそうでございました。
しかし友人はオーストラリアでいい男を探すのは困難だと嘆いておりました。
その点で言えば、なかなか悩ましいところなのかも致しません。


>蛹さま
6時間どころか、もっと長くでも話せそうな勢いでございました。
ゲイのネタは尽きることなく溢れてきたのでございます。


>rahoyaさま
やはりこういったお話は、楽しいものでございますよね。
ゲイに興味がある方は多いのではないかと存じます。
そして、ゲイの方は綺麗な方が多かったり致しますよね。
もともと綺麗な方がゲイに目覚めやすいのか、それともゲイに目覚めたからこそ
美しさに磨きをかけるようになったのか、あるいはその両方か…
そのあたりも色々と考えさせられるものでございます。


>ZENRA-MANさま
ワーキングホリデーは年齢制限がございますものね。
友人も最後のチャンスで行ってきたのでございました。
私はもう無理でございます…。


>たけさま
ゲイの話は楽しいものでございました。
それしか覚えていないあたり、話の種類が乏しいのか、それともある意味豊富なのか
微妙なところでございます。


>mkazさま
オーストラリアは同姓婚は認められていないそうでございますが、パートナーシップは
認められている地域が多いそうでございます。
日本から比べると、かなり寛大な国でございます。


>Hasssyさま
「ゲ,ゲ,ゲゲゲのゲィ~♪」でいじめるとはかわいそうでございますね。
と言いつつ、私も中学生の頃、同級生にゲイくんというあだ名をつけて呼んでいた
ものでございました。
ゲイ・レズの祭典は日本でもテレビ中継されていたようでございます。
男性のフライトアテンダントは私もオーストラリアに行ったときに見たことが
あったのでございますが、そのときはゲイだとは気づかなかったのでございます。
友人曰く、話し方が女っぽいそうでございます。


>ハラキリさま
ゲイのマンガでございますか。
そういえば、このゲイの話をしてくれた友人も描いていたことがあったような気が
致します。
これが日本の文化だと広めるべきでございましょうか。
花矢 | URL | 2007/06/18/Mon 17:53[EDIT]
コメントありがとうございました
>記号士さま
uglyは「醜い」という意味でございます。
大丈夫でございます。
私も最初はどういう意味だったか考えてしまいましてございます。


>かめさま
男性だらけの環境で、好き嫌いは言っていられず、背に腹はかえられないと
いうことになったのでございましょうか。
色々と考えていくと、またゲイについての話を長時間繰り広げることが
できそうでございます。

オナガという鳥はゲイゲイと鳴くのでございますか。
そういえばカラスもゲイゲイ言うものがいたような気が致します。
色々な鳴き声があるものでございます。


>コーヒールンバさま
ゲイにもオカマにも好かれるのでございますか。
それは両刀使いになれという神の啓示でございます、きっと。
新しい世界を開拓でございます。


>博蔵さま
日本も昔から比べれば大分オープンになってまいりましたが、オーストラリアに
比べるとまだまだ後進国でございますね。
札幌もゲイの方が集まる本屋さんなど、色々あるようでございますよね。
大通公園の何丁目かもたまり場だと聞いたことがございます。
ゲイの方は元が男性である分、理想の女性を自分に求めるのかも致しませんね。
美に気を使う方がとても多い気が致します。
花矢 | URL | 2007/06/18/Mon 18:03[EDIT]
hasssyさんに寄せて
男性のフライトアテンダントは 何度か見ましたが かっこいいですよ。

オンナが管理職なんてめっそうもなく 25歳で定年を迎えさせられてた不当な時代 フライトアテンダントの管理職(パーサー・チーフパーサー)はやはりオトコさんでした。
有名なひとでは 『塀の中の懲りない面々』を書かはった 作家の阿部譲二さんが フライトアテンダントの経験があると 聞いたことがあります
かめ | URL | 2007/06/19/Tue 00:09[EDIT]
コメントありがとうございました
>かめさま
日本でも、フライトアテンダントの男性がいらっしゃったのでございますね。
私はオーストラリアに行ったときに拝見致しましたが、日本では拝見したことが
ございません。
それにしても25歳定年とは凄い年齢でございますね…。
花矢 | URL | 2007/06/20/Wed 18:12[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 濡れた花. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。