痔から始まったほのぼの系日記

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼の浮気癖
最近…というより、前々から私の彼は浮気癖があるようなのでございます。

それも若いのから年配までよりどりみどりでございます。

しかも、男性とでございます。

男性にモテモテなのでございます。

その中でも一人、特にご執心な方がいるようでございます。
しかも、妻子持ちの方でございます。

ある日のこと、業務時間中に二人でオシャレなカフェに行ったそうでございます。
周りは女性だらけのオシャレなカフェでございました。
すると、お相手はおもむろに口を開いたのでございます。

土日、空いているか?

何ということでございましょう。
平日だけでは飽き足らず、土日までデートのお誘いでございます。

彼はとんでもないとばかりに身を震わせたそうにございます。

「いえ、土日は引越しの準備をしなければいけないので…」

彼は長年住み慣れたウィークリーマンションを今月末で出ることになっているのでございます。

「そうか…」

残念そうにお相手は呟いたのでございました。

会社に戻れば戻ったで、今度は若い男性が出迎えてくれたのでございます。

彼は現在の職場を今月末で去ることになっていたのでございます。
なので、ウィークリーマンションも引っ越すのでございますが。

どこかに行くなんて、許しませんよ!

若い男性は、若さ故の熱血ぶりで彼を引き止めようとするのでございます。


他にも枚挙にいとまがございません。

若いのから年配まで、本当に節操のないことでございます。

もちろん、全て仕事関係のことでございますが。
しかし、これでお相手が女性ばかりだったら本気で浮気を疑っていたかも致しません。

とはいえ、いつ彼が新しい世界に目覚めるかを思うと、やはり気がかりで仕方がないのでございます。


FC2ブログランキング ←実は上司と浮気を…FC2ブログランキング
人気blogランキング ←きっと新しい世界への目覚めが…人気blogランキング
このブログがお気に召しましたら両方クリックして頂ければこの上ない幸せにございます。

Comment

 秘密にする

そんな職場こえぇぇえええええ!!!!!!
いつ掘られるか分かんないじゃないですかぁぁぁああああああ!!!!!!
体育会系なんですね、その職場。
ZENRA-MAN | URL | 2006/06/18/Sun 20:37[EDIT]
>「どこかに行くなんて、許しませんよ!」
こんなセリフ言われてみたい(笑)ちょっと怖いけど。
恋愛シミュレーションゲームみたいですねー。

確かに男性によくもてる男性っていますね。
友人でも、よく痴漢にあって困っている男の子がいました。
しっかり守ってあげてくださいね。
モノログ | URL | 2006/06/18/Sun 20:46[EDIT]
モテモテな彼はやはり心配ですっちゃね~
知らない世界をやっぱり覗いてみたい気持ちはあるのでしょうか
好奇心も大事な事ですもんねv-254
こぶたナース | URL | 2006/06/18/Sun 20:46[EDIT]
いきなりヤオイ受けしそうなネタですね。
とくに「どこかへ行くなんて、許しませんよ!」なんてボーイズコミックなんかにでてきそうです。
セリフだけで萌えます。
が、ご安心ください。
こんなにモーション掛けられているのに未だにその気が起きないと言う事は彼氏はまったくのノンケでいらっしゃるようです。
そのような方はかなり人生経験を積んでからでないと同性には興味が沸かないようです。
そうねぇ、50代60代くらいからですかねぇ。
絵的には美しくないかも知れませんねぇ。
博蔵 | URL | 2006/06/18/Sun 21:27[EDIT]
わたくし、何を隠そう男性にモテます
女性にもモテますが、熟女と幼女が多いです
あとは動物です
私にはそのケはありませんので困惑しています
オレ竜 | URL | 2006/06/18/Sun 21:42[EDIT]
腐女子を一名内包する我が家では今回の内容を読んでえらいこと興奮している家人が・・・・・・・・・・・・・・・orz
奴が言うには、腐女子にはそういうセンサーが備わっていて、同性愛な男性の近くにいくとなんとなくわかるんだそうです。もし必要になりましたら派遣いたしましょうか?www
記号士 | URL | 2006/06/18/Sun 22:46[EDIT]
コメントありがとうございました
>ZENRA-MANさま
色々と仕事も押し付けられる恐ろしい職場でございます。
体育会系だとは彼も申しておりました。
そういうところに独特なものなのでございましょうか。


>モノログさま
確かに、恋愛シミュレーションゲームのようでございます。
「どこかに行くなんて、許しませんよ!」 のセリフなどまさにその通りでございます。

しかしながら彼は、痴漢にあったことはないようでございます。
せいぜい風邪をうつされる程度だと申しておりました。


>こぶたナースさま
彼には知らない世界を覗いてみたい気持ちはないようでございます。
そういった好奇心はないと申しておりました。
それだけが救いでございます。


>博蔵さま
確かに、ヤマナシオチナシイミナシの世界でございますね。
彼は本当にノーマルのようでございます。
50代60代になってから、興味がわいてくるのでございましょうか…。
それは何というか、絵的に美しくございませんね。
しかも家庭をお持ちになって孫までいそうな年代、とてもどろどろした世界が
繰り広げられそうでございます。


>オレ竜さま
熟女と幼女、そして動物にモテるのはともかく、男性にモテるのはちょっと
困りものでございますね。
何か惹き付ける要素がオレ竜さまにあるのでございましょうか。


>記号士さま
ああ…今回のは腐女子ネタだったのでございますね…。
盲点でございました。
取りあえず、彼にその気がないようですので、大丈夫だとは存じます。

私の友人の腐女子は以前、「ゲイの友達ができた」と喜んでおりましたが、
実際にはその友達は腐女子な彼女のことを好きだったという悲しい物語が
ございました。
花矢 | URL | 2006/06/18/Sun 23:02[EDIT]
ビックリしたがなー
バイセクシャルと勘違いしたがな~っ

男はオトコに持てるくらいでないといかん
しやけど オトコと浮気したら オナゴさんの気持ちは複雑やろな~?

あの三代将軍徳川家光も男色やったゆーしー・・・
ハマル君 | URL | 2006/06/18/Sun 23:33[EDIT]
いつ彼が新しい世界に目覚めるかを思うと、って、すでに目覚めていらっしゃるかも知れませんよ。
知らぬは隣人ばかりなり、ってか(笑)
彼氏のスネ毛に「アリンコ」が目立つようになったら要注意でしょうな。
コーヒールンバ | URL | 2006/06/19/Mon 00:04[EDIT]
おおおおおお
男同士ですか。
メンズとメンズですか。
私にはまだまだ勉強不足な分野です。
かと言って勉強しようという気も起きません。
怪盗コガラシ | URL | 2006/06/19/Mon 00:13[EDIT]
今晩の私なら、川口能括になら許してもいいです。
または、その世界で人気のあると噂される中田英や、
ボンバーヘッド中沢でもかまいません。

身長184、体重80の私でよければ。
でも、今晩だけです。
やんこふ | URL | 2006/06/19/Mon 00:14[EDIT]
え~と・・・・
彼氏はもてるんですね。

でも花矢さんは微妙ですね。

うりとん | URL | 2006/06/19/Mon 00:15[EDIT]
それが普通に男に好かれる男ということでしたら、彼氏さんの素敵度アップですが、
本当にそういう意味で好かれているとしたら、花矢さんもたいへんですね。
ソフトにマイルドにネタを提供してくれる範囲であることを、お祈りします。(^^;
NOB | URL | 2006/06/19/Mon 00:50[EDIT]
いくら男性がかっこよくても花矢さんの魅力には勝てないことと存じます。


彼は北海道に移り住むのかしら?
uroro&urara | URL | 2006/06/19/Mon 10:02[EDIT]
はじめましてー♪
はじめましてー♪

女性SE妄想記も面白そうですね♪

なんだか性的嗜好が似ている感じがしますです。

実は私もでじたる書房から作品を出してるんですが、いまだ売れておりませーん
(><) 
でも、これからもがんばりますんで、どうぞよろしくでーす!
miwamilieu | URL | 2006/06/19/Mon 10:20[EDIT]
あらあら・・・私の友人の旦那様はニューハーフに好かれるってのは聞いたことがありますが・・・。
でも同性にすかれる方はいい人だとあたしは思いますよ~。異性に好かれるのは簡単ですが、同性はなかなかww
でも彼はお仕事を止めて次は決まっていらっしゃるんでしょうか??まさか男性に目覚めて、その筋のお仕事へ・・・・ではないでしょうね??
grace | URL | 2006/06/19/Mon 10:58[EDIT]
男にモテるのが、本当にいい男らしいっす。
ハラキリロマンブログランキング、ちゃんと参加されているようでした、一応もう一度確認してもらってもいいですか。お手間かけます、すいません
ハラキリ | URL | 2006/06/19/Mon 11:56[EDIT]
誰にでもいいからもててみたいです・・・
彼氏さんが羨ましいです。
TOM | URL | 2006/06/19/Mon 12:08[EDIT]
こんにちは~\(^_^)/
角度を変えてみると おもしろいですね~。
これ アメリカンジョーク的なセンスの話し方ですね。
私 男色 賛成派!!男色になると きっと世界が平和になると思う~。
まず 戦争は消えると思うし もっと柔らかく センスのある建物や洋服が 広まると思う\(^_^)/黒や灰色が 街から消えるよ~~イヤッホォ~~~~\(^_^)/
shisuta | URL | 2006/06/19/Mon 13:03[EDIT]
コメントありがとうございました
>ハマル君さま
彼はノーマルでございます。
確かに男にモテるくらいのほうがよいのかも致しませんが、浮気をされた日には
私も女性と浮気をしてやろうくらいの気持ちでございます。
昔の日本は稚児遊びなど、男色に寛容でございましたよね。


>コーヒールンバさま
いえいえ、まだまだ彼はノーマルでございます。
ところで、スネ毛の「アリンコ」とは何者でございましょう?
私の知らない言葉でございました…。


>怪盗コガラシさま
男同士の世界…それは禁断の世界でございます。
勉強しなくとも良い分野かと存じます。
どうかそのままでいてくださいませ。


>やんこふさま
ええと…それは、相手にも趣向というか、選ぶ権利というか…何というか…
とにかく、そういったものがあるかと存じます。
やんこふさまが体格がよろしいのでございますね。


>うりとんさま
女性にモテるのと男性にモテるのと、どちらが良いのか微妙なところで
ございます。
でも、一応は仕事上でのモテでございます。


>NOBさま
おそらく、普通に仕事を押し付けるというかそういう対象として好かれている
のだとは存じます。
本当にそういう意味で好かれていた場合は、転職を考えないとならなくなりそうで
ございます…。


>uroro&uraraさま
どうもありがとうございます。
その通りでございます。彼は北海道に戻ってくることになったのでございます。


>miwamilieuさま
はじめまして。ご来訪、ありがとうございます。
性的嗜好が似ているということは、miwamilieuさまも「S」でいらっしゃるので
ございましょうか。
でじたる書房から作品を出していらっしゃるのでございますか。
自分で宣伝をしないと、なかなか売れないものでございますよね。
こちらこそ、よろしくお願い致します。


>graceさま
確かに同性に好かれるというのは異性に好かれるよりも大変だったり致しますよね。
彼は仕事をやめるわけではなく、長期出張から戻ってくるのでございます。
会社は変わっておりません。
男性に目覚めてその筋へ進むようなことになったら、私も彼とさようならすることに
なるかと存じます。


>ハラキリさま
ハラキリロマンブログランキングは全カテゴリを拝見しましたが、表示されて
いないようでございました。
もしかしたら、INカウントがないために表示されていないのでございましょうか。
カウントがないわけではないと思うのでございますが、何故かカウントされて
いないのでございますよね…。


>TOMさま
男性に追いかけられるのは、あまり気分のよろしくないことかと存じます…。
その手の趣味があるのならともかく、そうでない場合はノーマルが一番かと存じます。


>shisutaさま
男色は非生産的という問題がございます。
世の中が全て男色になってしまうと、次代が生まれなくなるかと…。

ローマ帝国時代に男色が流行ったのでございましたよね。
キリスト教は男色は死罪だったかと存じます。
それを確かめるために旧約聖書まで読んで確かめたことがございます。
(旧約聖書のレビ記にそういう記述がございます)

私は個人的には彼さえ大丈夫であれば、男色でも何でもよろしいかと存じます。
このような私は友人によくボーイズラブ系の漫画や小説を借りて読んでおりました。
花矢 | URL | 2006/06/19/Mon 14:30[EDIT]
掘るか掘られるか…。
男の職場とは熱い戦場なのですね。
新たな世界に目覚めないよう
しっかりヒールで踏み留めておいて下さいませww
甜々 | URL | 2006/06/19/Mon 14:34[EDIT]
>甜々さま
男の職場とはかくも熱く凄まじい戦場のようでございます。
掘ることも掘られることもないよう、しっかりとヒールで踏み留めて動けないように
しておきたいと存じます。
花矢 | URL | 2006/06/19/Mon 19:35[EDIT]
同性に好かれるのはいいことですよ
いい人なんですね。

あっち方面はノーコメントでww
たけ | URL | 2006/06/20/Tue 00:08[EDIT]
>たけさま
確かに、いい人ではございます。
同性に好かれるのは、あっち方面ではなく、単に良いことだと思うように致します。
花矢 | URL | 2006/06/20/Tue 11:16[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 濡れた花. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。