痔から始まったほのぼの系日記

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出世への意欲
これは、東京のウィークリーマンションに一人暮らしをする独身男性の物語でございます。

彼は風邪をひいておりました。
そのような辛い状態で寝込んでいるとき、上司から電話がかかってきたのでございます。

1時間ほど出てきてくれないか。理由は会ってから話す

その待ち合わせ場所というのが、銀座三越ライオン像前でございました。
そう、デートの待ち合わせ場所としてとても有名な場所でございます。

しかも、理由は会ってから話すとのことでございます。
電話では言えないようなことなのでございましょう。

彼は当然ながら男性、上司も男性でございます。
これは禁断の愛なのでございましょうか。

その気のない彼は、寒気を覚えながら待ち合わせ場所に向かったのでございます。
その寒気が、風邪で弱った頭が生み出したおぞましき妄想によるものか、それとも単なる風邪の悪寒なのかは定かではございませんでした。

そして待ち合わせ場所に着くと、すでに上司がそこにはいたのでございます。
二人はオシャレなカフェへと移動致しました。

そこで、とうとう呼び出された理由が明かされる時が来たのでございます。

「俺、来週から海外旅行に行って来るから、その間、これから行く会社の窓口頼むわ

そう、上司は単に仕事を彼に押し付けるためだけに呼び出したのでございました。

彼は少しほっとしたのもつかの間、何故そのような仕事を風邪を引いて調子の悪い自分がやらなくてはいけないのだという理不尽さに、はらわたが煮えくり返ったのございます。

そして彼は悟ったのでございます。

偉くならなければ、出世しなければダメだということに…。

あの人も昔はいい人だったのにねー」などと言われながら、人を人とも思わない理不尽な命令を次々と押し付けていく人間になるのだと、彼は語ったのでございました。


FC2ブログランキング ←あなたに幸せをお届けするFC2ブログランキング
人気blogランキング ←あなたに愛をお届けする人気blogランキング
このブログがお気に召しましたら両方クリックして頂ければこの上ない幸せにございます。

Comment

 秘密にする

ひでぇ~~!!!!
俺みたいだな、その上司wwwwww
ZENRA-MAN | URL | 2006/06/06/Tue 21:15[EDIT]
サラリーマン社会の縮図をみるようですねー。
正しいかどうかは判りませんが、部下を使う立場になれば上手く仕事を押し付ける(?)事は必要なのでは?
でもこの場合は自分のプライベートな都合だしな。
禁断の愛の告白とかでなくてチト残念。

博蔵は人を使ったことがありますが、仕事をさせられなくて失敗しました。。。。(ーー;)
なんにしても出世に欲を持つのは良い事じゃないですか!
博蔵 | URL | 2006/06/06/Tue 21:22[EDIT]
上司は理不尽な事を言う物ですww

でも偉くなりたくないです
色々メンドクサイからw
たけ | URL | 2006/06/06/Tue 22:20[EDIT]
理不尽。
涙ちょちょ切れるお話ですね。
久野かおりという人の曲を聴く事をお勧めします。^^
現実は厳しいですわ。
ついてないことばかりデス!O(≧∇≦)O イエイ!!
(壊れてマス。。)
らいと | URL | 2006/06/06/Tue 22:55[EDIT]
上司には逆らえないのがサラリーマンの宿命・・・
何でも業務命令にしちゃうその上司は慕われませんね
それにしても、風邪早く治るといいですね・・・
体調が良くなると、お茶の子さいさいで仕事もこなせるんだと思いますよ
こぶたナース | URL | 2006/06/06/Tue 23:50[EDIT]
コメントありがとうございました
>ZENRA-MANさま
ZENRA-MANさまも、この上司のような方なのでございますね。
それは部下を大切にしてやってくださいませ。


>博蔵さま
風邪で寝込んでいるところを呼び出されて、禁断の愛の告白…ではなく、
仕事の押し付けだったようでございます。
まさにサラリーマン社会でございます。

私は新人の頃に自分の倍くらいの年齢の方を使ったことがございますが、
やりにくいものでございました。
人をうまく使うというのも、難しいものかと存じます。


>たけさま
確かに偉くなると、色々と面倒なことが増えて参りますよね。
私もそのクチでございます。
やる気と体力さえあればもっと出世しているはずと言われている私、
そのような面倒なことはごめんだとヒラのままでございます。


>らいとさま
らいとさまも何かあったのでございましょうか?
世の中は理不尽なことばかりでございますね。
久野かおりさまの曲はおすすめしておくことに致します。


>こぶたナースさま
「上司には媚をうっておかないとね」とは出世を決意した彼の言葉でございました。
未だに風邪は治っていないようでございます。
夜の22~23時頃になると、「これから帰るんだ」という電話がくるのが日課と
なっております。
花矢 | URL | 2006/06/07/Wed 00:50[EDIT]
昔の会社にこんな上司いましたよ…orz
あれは反面教師になりましたww
甜々 | URL | 2006/06/07/Wed 01:31[EDIT]
偉くなると理不尽なことでも通しちゃうことって
よくあることで・・・ まぁ、私の場合はかわいいネタが多いから
聞いてるんですけどね^^
ひろぴ~ | URL | 2006/06/07/Wed 04:46[EDIT]
部下に“押し付けられた”と思わせる様な仕事の振り方はいかんですね。
彼氏さんが偉くなっても、そのような理不尽を真似ることのない上司となってくださいませ。
って、前の会社で私もそう思われてたかもしれないけど…( ̄▽ ̄;
NOB | URL | 2006/06/07/Wed 05:41[EDIT]
我が家の旦那様(仮)もGWのど真ん中に上司に仕事を押し付けられ休日出勤へ・・・。最近もなんだか上司に仕事を押し付けられたらしいです・・・。ガツンといえないのが男の立場の部下なんでしょうか??
友人は旦那がそのような立場になったとき会社に乗り込んで上司に喧嘩を売ったそうで・・・。旦那さまは職を失いましたw
あぁやっぱり偉くならなければだめなんですかねぇ・・・。
grace | URL | 2006/06/07/Wed 08:29[EDIT]
(〃⌒ー⌒)/どもっ♪
uroroっす。

上司の方は昔同じ事をされたのかもしれませんね(^▽^;)

それにしてもひどいでつw

彼氏さんにはそんな人になってほしくないですw


どちらかと言えば部下と禁断の愛に走るほうになってくだされw(嘘
uroro&urara | URL | 2006/06/07/Wed 09:05[EDIT]
コメントありがとうございました
>甜々さま
やはりどこにでもこういった方はいらっしゃるのでございますね。
何故なのでございましょう…。
世の皆様に反面教師として役立つようにと各会社に配置されているので
ございましょうか…。


>ひろぴ~さま
偉くなると、人は変わってしまうもののようでございますね。
かわいいネタならば、まだ許せるかも致しませんね。
彼は会社を休んで寝込んでいるところを呼び出されたそうでございます。


>NOBさま
「押し付けられた」と思わせない仕事の振り方は、上司のたしなみでございますよね。
彼は偉くなるには人間味をなくさないとダメだと申しております。
彼も、もし偉くなった場合はそうなってしまうのかも致しません…。


>graceさま
ああ…やはり、どこにでもそういった話はあるのでございますね。
GWのど真ん中の休日出勤なら、私もしたことがございます。
やはり上には逆らえないのが世の常でございましょうか…。
それにしても、奥様が乗り込んでいって上司に喧嘩を売るというのも凄い話で
ございますね。
そしてその行く末はクビとは…やはり、偉くならなければダメなのでございますね…。


>uroroさま
上司の方も、昔同じことをされて、今度はそれを部下に…かも致しませんね。
負のスパイラルでございます。
でも、部下との禁断の愛に走られては、私が困ってしまいましてございます。
「彼が男性との部下との禁断の愛に走ったため、捨てられた女のブログ」でも
作成することになりそうでございます。
花矢 | URL | 2006/06/07/Wed 13:52[EDIT]
上司には私も悩まされました。
彼に同情します・・・
TOM | URL | 2006/06/07/Wed 17:22[EDIT]
>TOMさま
やはり皆様、上司には苦労していらっしゃるのでございますね。
私も色々と上司には苦い思い出がございます…。
花矢 | URL | 2006/06/07/Wed 19:30[EDIT]
青島、俺は上に行く

というキャラを思い出しました。上にいって何かをかえようとする姿勢はかっこよかったけど、上にいったら上にのまれるってことですかね笑
ハラキリ | URL | 2006/06/10/Sat 12:42[EDIT]
>ハラキリさま
例え信念を持っていたとしても、上に行ったらいったで、結局は周りに吸収されて
のまれてしまうのでございましょうかね。
組織というのは意思を持っておりますからね。
花矢 | URL | 2006/06/10/Sat 13:46[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 濡れた花. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。