痔から始まったほのぼの系日記

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この夏の怖い話
先日、以前お世話になった方に「歌の発表会があるのでぜひいらしてください」と言われたのでございます。
私はおそらく奥様サークルのようなものだと思い、正直あまり興味はなかったものの、観客がいるのは嬉しいことだろうと「ぜひ行かせて頂きます」と愛想よく答えたのでございます。

すると、とある新興宗教の講習会の案内と「聖歌を歌います」という手紙が送られてきて、どうしようかと思っている今日この頃、皆様いかがお過ごしでございますか。


交通事故のことをご心配くださった皆様、ありがとうございます。
その後、特に後遺症らしきものもなく、変わりなく過ごしております。

書きたいネタはいくつもあり、皆様のブログ巡り、そしてお返事もと思いながら、お盆で夫の実家に帰省したり月のものでぐったりしたあげく、最後にはルータがステルス機能云々で変な動きをしたり、メーラーが壊れたりで月日が流れてしまいましてございます。

やっと昨日で復旧終了でございます。
しかしながら結局最後までApacheは動かないやら何やらで、もうVistaはイヤでございます。


さて気持ちを切り替えまして、夫の実家への帰省道中、とある公園が私を惹き付けたのでございます。
誰もいない公園の中にぽつんと遊具が置いてあったのでございます。

公園←クリックすると大きな画像が開きます

一応ブランコや滑り台はあったのでございますが、それらを打ち消すほどの存在感でございました。
もしやとは思ったのでございますが、「何故このようなところに?」という疑問が浮かんできたのでございます。

遊具←クリックすると大きな画像が開きます

そこで接近してみたのでございます。
やはりウルトラマン系と思しき遊具でございました。

公園の中にぽつんと佇むウルトラマンの姿は、寂しさだけではなく何とも言えぬ感慨深さがございました。
不思議な雰囲気を醸し出す存在でございます。

この公園は夏の思い出の一コマとして、私の心に深く刻まれたのでございました。
つづきを表示
スポンサーサイト
Copyright © 濡れた花. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。