痔から始まったほのぼの系日記

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

災難いろいろ
もう前回の更新から一ヶ月以上経っていることに愕然としております。
この一ヶ月は、何だか災難続きでございました。

まず先月の始めに夫が風邪をひいたのでございますが、見事に移されてしまったのでございました。
結婚してから最も重い風邪でございました。

軽い風邪をひいたり体調が悪かったりといったことは何回もあったのでございますが、今回は完全に寝込んでしまって、初めて食事やお弁当を作れない状態になったのでございます。
レトルトのおかゆなどでしのいでおりました。

寝込んでいたのは最初の数日間で、その後は起き上がることはできるようになったので自分で簡単な食事を作り、やっとまともなご飯にありつけたのでございます。

しかし順調に回復していると思っていたら、突然ぶり返してしまったのでございます。
回復すれば病院には行かないつもりでございましたが、これは行かなくてはならないと覚悟を決めたのでございました。

喉が痛かったので、病院は耳鼻科に行って来たのでございます。
夫が蓄膿症の治療でかかっている病院なので、一緒に行ってまいりました。

そこで鼻に器具を通して喉まで調べる検査を受けたのでございます。
私の痛み、苦しみなど物ともせずにどんどんと穴の中を突き進んでいく器具
中をかき回され、引き抜いた後には鼻血が出ておりました。

何というか、レイプされたような気分でございました。

結果、夏風邪だろうと言われて最後には吸入でございます。
これもチューブを鼻フックのごとく鼻の穴に挿入するという、まさに羞恥プレイでございました。

それからはさすが病院に行っただけあってひどい症状は収まったのでございますが、結局だらだらとした夏風邪状態が続き、一ヶ月ほど経った最近になってようやく治ったのでございます。

治るまでの間、ベランダに干した洗濯物がどこかに飛んでいって行方不明になったとか、足を痛めたなど細かいことは色々あったのでございますが、極めつけがございます。

車にはねられたのでございます。

病院に向かう途中、横断歩道を渡っていたところ、左折してきた車がぶつかってきたのでございます。
真昼間、歩行者信号は完全な見通しの良い交差点でございました。

事故図


図としてはこのような感じでございます。
絵が稚拙なのはご容赦くださいませ。

運転手は女性だったのでございますが、助手席にも女性が乗っており、相手とのおしゃべりに夢中になって前を見ていなかったようでございました。

ぶつかった瞬間、運転手が笑ってこちらを向くのが見えたのでございます。

おそらく、隣の相手と笑いながら話していて、衝撃を感じたので笑顔が戻らないまま顔を向けたといったタイミングなのではございましょうが、はねられた側としては「人をはねて笑っている」ような印象すら受けたものでございました。
そして、車がぶつかってきたときあたりはスローモーションのごとく頭に刻まれているので、やはりそういった危険状態のときは脳の処理能力が上がるのだなと思ったものでございます。

幸いにして、心配するような怪我などは何もございませんでした。
ただ精神的にはやはりショックだったようで、この日は何日分もの疲れが一気に襲ってきたような感じでございました。
それでも、少し休めば良くなるような疲労程度で終わったのが不幸中の幸いでございます。

車を運転される方は特に交差点など、人にも対向車にもお気をつけくださいませ。
歩きの方も突っ込んでくる車にご注意くださいませ。
スポンサーサイト
Copyright © 濡れた花. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。