痔から始まったほのぼの系日記

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

退院
本日、夫の父が退院致します。
お昼ごはんを食べてから退院でございます。

手術後二週間くらいまでが最も辛い時期でございました。
本人はそのころの記憶がなくなっているようでございます。

その後順調に回復し、地元の病院に転院した後も一度ペースメーカーの速度を上げたときに調子が悪くなったそうでございますが、それも数日で回復致しました。
このときも調子が悪いといいつつ、しっかり歩いて食べておりました。

正直言って、お見舞いがこれほど大変なものだとは思っておりませんでした。
入院してから転院するまで、どこかに遊びに行った日やゆっくり休んだ日は一日もございません
それでも日々回復していく姿を見るのは、嬉しいものでございました。

唯一、手も金も出さないのに口だけは偉そうに出す親戚には腹立たしい思いをしたものでございますが、それ以外は体は大変でも心が荒むということはございませんでした。
ですが色々ひっくるめて、やはり入院は大変なものでございます。

夫の実家には日めくりカレンダーがあるのでございますが、3月のある日で止まっていたのでございます。
そのカレンダーをめくるのは夫の父の仕事であり、帰ってくるまでそのままにしているとのことでございました。

やっと、今日からカレンダーも再び時を刻むことができそうでございます。


そこで退院を記念して、このようなものを植えてみることにしたのでございます。

カピバラガーデン←クリックすると大きな画像が開きます

とある場所で見つけ、一目ぼれして購入してしまった「カピバラさん リトルガーデン」でございます。
ペパーミント、バジル、カモミール、クローバーの四種類があって、それぞれに絵柄も違うのでございますが、カモミールを選んだのでございます。

カピバラガーデン←クリックすると大きな画像が開きます

中には小さなマスコットと、土・種・根腐れ防止剤の栽培セットが入っておりました。

カピバラさんたち←クリックすると大きな画像が開きます

手持ちのカピバラさんたちと並べてみましてございます。
手前左が100円のガチャガチャで入手した泳いでいるカピバラさんで、手前右が今回のマスコットでございます。

カピバラガーデン←クリックすると大きな画像が開きます

土を水にふやかし、根腐れ防止剤を置いて土を崩してから、タネ蒔きでございます。
発芽まで一週間~10日ほどかかるそうでございます。

収穫が楽しみでございます。
スポンサーサイト

フォクすけ
先日、懸賞でぬいぐるみが当たったのでございます。
首から「Firefox」という札を下げていて、「フォクすけ」とございます。

もちろん、夫が応募した懸賞なのでございますが、夫は応募したことを覚えておりませんでした。
相変わらず「そこに懸賞があるから応募する」姿勢を貫いているようでございます。

フォクすけ←クリックすると大きな画像が開きます

ちなみに、このようなぬいぐるみでございます。
尻尾が炎のようになっております。

フォクすけ←クリックすると大きな画像が開きます

こちらは正面でございます。
ちょっととぼけたような可愛らしい表情でございます。

調べてみたところ、「フォクすけの Firefox 情報局」というサイトがございました。
Firefox のプロモーション活動をサポートしてくれる、日本発のマスコットキャラクター」だそうでございます。

しかも、かなり熱烈なファンもいるようでございます。
個人のブログなどを見ていたら、このぬいぐるみ欲しさに懸賞の載っている本を買ったという方もいらっしゃいました。

よく価値もわからないような人間の元にやってきてしまうのが、何やら世の中の不条理を感じてしまいましてございます。
しかも、私の父が購読している雑誌の懸賞でございました。
夫が自分で買ったわけではないのでございます。

さらに言えば、Firefoxは使用しておりませ……

イエ、ソノヨウナコトナドゴザイマセンヨ。
Firefox、オススメデゴザイマス。


Firefox 2 無料ダウンロード

アロマテラピー検定
先週、夫の父が地元の病院へと転院致しました。
本当はもう退院してもよいそうなのでございますが、自宅だとリハビリに通うのが大変だということで、地元の病院でリハビリでございます。

本人は普通に歩いたり、食べたり飲んだりできるようになっております。
昨日は地元の病院にお見舞いに行ってまいりましたが、とても元気そうな様子でもう大丈夫なようでございます。

ICUから個室に移ったくらいの時期に「入院のしおり」といったようなものを読んだのでございますが、その最後のほうに「退院後の生活」というものがございました。
そこには「辛い時期をよく乗り越えましたね」というようなことが書かれていたのでございますが、そのときはそのような日が本当にくるのだろうかと不安になったりも致しました。

それが約一ヶ月ほどでほとんど以前と変わらないくらいに回復し、人間の回復力とは凄いものだと思いましてございます。

手術の日から転院まで毎日お見舞いに行っておりましたが、今度は地元にたくさんいる叔父・叔母チームに交代でございます。
とりあえず肩の荷が下りたところでそれまでの疲れが出たらしく、2日ほど寝込んでしまったのでございました。

そういえば約一ヶ月、ずっとお見舞いにかかりきりで休日らしい休日はございませんでした。
まあ看病中に倒れるようなことなく乗り切れて、幸いでございました。

しかし、そのような看病生活の中で私はアロマテラピー検定なるものを受けてきたのでございました。
朝、お見舞いに行った後、疲労困憊・睡眠不足・月のもの真っ最中というかなりひどい状態で受験会場へと向かったのでございます。

その結果が届きましてございます。

アロマテラピー検定一級


無事、1級に合格しておりました。
簡単な試験なのではございますが、やはり合格していると嬉しいものでございます。
体調がよろしくなかったので、香りの嗅ぎ分け試験が不安だったのでございますが、鼻がやられていなくて幸いでございました。

ここまで完全に趣味で取った検定は初めてかも致しません。
勉強していて楽しゅうございました。

そしてふと思い立って、過去に取得した資格を調べてみたのでございます。
すると、最後に取得したのは平成十年の第一種情報処理技術者試験(現:ソフトウェア開発技術者試験)でございました。

現在は平成二十年ということは、十年前のお話でございます。
どれだけブランクがあるのだという感じでございます。
しかも、社会人になってから何ひとつ資格を取っていないことに気づいたのでございました。

今度は家計費節約を目指して、ファイナンシャルプランナーのお勉強をしてみようかと存じます。
Copyright © 濡れた花. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。