痔から始まったほのぼの系日記

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大部屋移動
もう5月も終わりでございます。
何だか今月は日付感覚がなくなってしまっているような感じでございます。

入院している夫の父も昨日の夜、個室から大部屋に移ったのでございます。
来週あたり、地元の病院に転院する予定でございます。
順調にいけばそこで10日くらいリハビリをして退院予定だそうでございます。

しかし、ここまで回復するには紆余曲折ございました。

実は前回の記事を書いたのは5月17日土曜日の午前中で、午後からお見舞いに行ったのでございます。
順調に回復しているようなので、昼からでも大丈夫だろうと思っていたのでございます。

それが甘かったのでございます。

病室に行ってみると、ベッドの周りを白衣の方々が4人くらいで取り囲んでいたのでございます。
何があったのかと考える間もなく、私と夫を確認した看護師の方が「先生からお話があります」と言い、先生がやってきたのでございます。

先生のお話によると、朝から話しかけても反応がないそうでございました。
CTをとったが特に異常はなく、おそらく脱水症状によるものではないかと思うが、もしかしたら脳梗塞の疑いもあるとのことでございました。
でも、嫌がることをしたら嫌がるので、完全に無反応というわけではないとも言っておられました。

この「嫌がること」が何なのか、気になるところではございます。

しかし、そのときはそれどころではございませんでした。
話しかけると意識がはっきりしてくるかもしれないとのことで、夫と私はベッドの横に座り、とにかく何か話しかけようとひたすら話題を探したのでございます。

しばらく話しかけていると、反応がございました。
その日は昔の写真を持っていっていたので、それを見せたりしているうちにだんだんと元気が出てきたようでございました。

約2時間後には、上半身を起こして新聞を読むまでに回復致しました。

それを見た看護師の方は「話しかけても何してもだめだったんですけれど…やっぱりご家族だと違うんですね」と言っておられました。
家族が心の支えになるといったことはよく聞く話でございますが、実際に目の当たりにしてここまで違うものなのかと驚きでございました。

ですが、不安だったので次の日は早朝からやってきたのでございます。
すると案の定、朝食も食べたくないと言い、寝込んでいたのでございます。
死にたい」とか「もうダメだ」など言っているのでございます。

また色々と話しかけていると、少し元気になってきたようでございました。
夫が昔食べたという「みそパン」の話題に反応を示したので、売店に行って買ってきたのでございます。

すると、みそパンは食べてくれたのでございます。
それを見て、看護師の方々が4人ほど集まってきて「あー、食べてる」と驚いていたようでございます。

その後、先生もやってきたのでございます。
特に制限はないので好きなものを食べて良いそうでございました。

その日はそれからだんだんと回復し、昼食からはある程度食べられるようになってきたのでございました。
朝は落ち込み、昼くらいからだんだんと良くなっていくというのは、典型的なうつ症状のようでございます。

うつのときに言われたくないこと、されたくないことならよくわかっているので、「頑張れというようなことは言わない」とか「急かさない」といったようなことを夫に言い、夫が話しかける内容の中にもそういった類のことがあれば、軌道修正でございます。

結局、うつ状態は3日程度で良くなってきたのでございますが、その数日間が一番大変だったような気が致します。

天井に弓があるとか、ねずみが走っているとか、3年前にもこの病院で手術をした(実際はしていない)などといった幻覚系もだんだんとおさまってまいりました。

しかし、幻覚系を言わなくなってきたと思ったら、ニュースで洞爺湖サミットの話題が出ているのを見て、夫に向かって「お前は仕事があるから行けないんじゃないのか」と言っておりました。

いったいどこの首相でございましょうか。

もちろん、夫は洞爺湖サミットには出席致しません。
そして出席される方はそれが仕事のような気が致します。

もっとも、これは単なる勘違いである可能性もございます。
夫は洞爺湖の花火大会といったお祭りの類と間違えているのではないかと言っておりました。

日ごとに回復していっているのでございますが、うつ状態のときの恐怖があるので、基本的に朝食と夕食は私と夫、昼食は叔父・叔母の監視付きでございます。
まあ、監視といっても一緒に座って色々話したり、お菓子を食べたりするだけでございますが。

最近では手術前より調子が良くなってきたくらいのようでございます。
手術の跡も痛くないそうでございます。

明日に期待してくれ

このようなセリフが出るまでになったのでございます。
病室を後にしてから夫は「俺、あんなこと言えない」と言っておりました。
確かに自信たっぷりなセリフでございます。

夫の父はおとなしく、借りてきた猫のような感じだったのでございますが、手術を受けて人格まで変わってしまったのかも致しません。

何はともあれ、ようやく退院の兆しも見えてきて取り合えず一安心といったところでございます。
あとはリハビリが順調にいくことを願うばかりでございます。
スポンサーサイト

手術後の経過
自分の中では4月末くらいで時が止まっているような感じなのでございますが、もう5月も後半でございます。

今月始めに夫の父の手術があったのでございますが、成功率が95%くらいだというので、正直あまり心配はしておりませんでした。
しかし、実際に手術を終えてみると、成功率が高い=楽な手術というわけではないのだと実感致しました。

手術当日は親戚が10人以上集まり、デイルームの一角を占領しておりました。
手術後の説明やICU面会のときには、この家族はいったい何人いるのだという顔をされたものでございます。

午前8時に手術室へと向かったのでございますが、手術部と書かれた扉が開いたときにはかなりの恐怖を感じたものでございました。
まるで映画やドラマのように、白衣のスタッフが何人も待っていたのでございます。
もし自分が手術を受ける立場だったら、半分気絶してしまったかも致しません。

もっとも、2回目に見たときは普通に感じたのでございますが。
やはり最初のインパクトが一番でございます。

それからずっと待ち続け、手術が終了したのが夕方18時頃でございます。
さらにICUで面会できたのは20時頃でございました。

このときはまだ眠ったままで、脳に空気が入っていたら手足が動かないかもしれないなど、目覚めるまではわからないというような説明をされたのでございます。
ICUには一週間から10日くらいは入っていなければならないかもしれないとのことでございました。

翌日には無事に目覚め、こちらの言っていることもわかるようで、わりと意識がはっきりしているようでございました。
しかしこの後、ICUという特殊な環境でストレスを少しでも軽減するために、意図的に意識を朦朧とさせたようでございます。
ICUにいる間はこのときが一番意識がはっきりとしていたような気が致します。

ICUの面会は一日3回10分以内で、何時から何時までと時間が決められておりました。
面会に行っていったん帰り、用事を済ませてまた病院へ…の繰り返しでございます。
平日は朝に車で夫と一緒に面会に行き、そのまま会社まで夫を送って家に帰り、そして夕方夫を迎えに会社まで行ってそのまま病院で面会でございます。

予定の一週間よりも早くにICUから出ることができ、大部屋はまだでございますが、個室にと移ったのでございます。
一週間もする頃には、少しだけうどんを食べられるようになっておりました。
手足もまだおぼつかないところはあるものの、きちんと動いております。

それでもICUシンドロームとやらで、個室に移っても最初の頃はまだ意識がはっきりとしておりませんでした。
さらに幻覚が見えたりしていたようでございます。

個室に移った当日は「一万円札が飛んでいる」幻覚を見ていたそうでございます。

その翌日は夫の母に向かって何かを持ってこいと言っていたそうでございます。
でも、まだろれつが回らずに何を言っているかよくわからないでいると、怒り出してしまったそうでございます。

そこで、何を持ってこいと言っているのか紙に書いてもらったそうでございます。
すると、そこには一言

心臓

とあったそうでございます。

夫の父は心臓を手術したのでございますが、手術室に心臓を忘れてきたような感覚があるようでございました。
俺の心臓はどこだ」と怒っていたそうでございます。

悪いけれど笑ったと夫の母は言っておりました。
笑える話なのではございますが、手術をするとやっぱりそういう感覚があるのだろうかと考えさせられるような話でもございます。
人工心臓や人工弁にしたわけではなく、天然物なのでございますが、一度取り出されたということがわかるのでございましょうか。

何はともあれ、順調に回復しているようでございます。
早く退院できればと願っております。

20年ぶりくらいに折った鶴

とりあえず生きております
まだ忙しい日が続いておりますが、とりあえず生きております。

夫の父も10時間に及ぶ手術が成功致しました。
まだICU内でチューブに繋がれ、話すこともできない状態ではございますが、意識は結構しっかりしているようで何かを言うと頷いたり、笑顔を見せることもございます。
大部屋に戻るにはまだかかるそうでございますが、そうなればひとまず安心でございます。

私は病院に行ったり、家に洗濯物を持ち帰って洗ったり、夫の親戚の応対をしたりでございます。
明日(というか今日)は朝病院に行き、その後空港に行ってまた病院でございます。

夫や夫の母のほうがよほど大変ではございますが、私も大分疲れてまいりました。
そのような私を見て、夫がこのようなものを買ってきてくれたのでございます。

まりもっこりドリンク

まりもっこりドリンク


男の一本勝負!もっこりパワー全開」とございます。

しかし、何だか違うような気が致します。


ブログ復帰はもう少し先になりそうでございますが、とりあえず生存報告でございます。

今日は誕生日
母の日が近づいてまいりました。
定番のカーネーションやお菓子など、母の日商戦が繰り広げられております。
その中のひとつに「母の日のプレゼントにプリザ」という煽り文句がございました。

私は「プリザ」という言葉から、「プリ○エース」を思い浮かべたのでございます。

痔には止まって治すプ○ザエース♪

このCMでお馴染みの薬でございます。
お母様に痔の薬か…やはり女性には痔が多いというし…などという考えが頭を駆け巡ったのでございました。

しかし、真実は「プリザーブドフラワー」でございました。
美しい姿で長時間保存することが出来るように専用の溶液を用いて加工された花のことでございます。

やはり母の日に痔の薬はふさわしくないようでございました。
ですが「プリザ」と聞いて「プリザ○ース」を思い浮かべる方は、私以外にもいるものと信じております。


さて、母の日が近いということは、GW真っ盛りでございます。
しかし、我が家ではGWの予定は何もございません。

ところが夫の父が札幌の病院で手術を受けることになったのでございます。
夫の実家は札幌から車で2,3時間程度のところにあり、明日そこまで迎えに行くことになったのでございます。

手術後もある程度の入院が必要らしく、GWに何の予定も入れていなかったことが幸い致しました。
我が家からは結構近くの病院なので、何か必要な物があったとしてもすぐに持っていけそうでございますし、近くに息子がいるということはお義父さまにとっても少しは安心なことでございましょう。

しかし、そのような大切なときに私はPMS真っ盛りでございます。
先週に忙しい日があったのでございますが、それで体調を崩したらしく、寝込んだり起きたりを繰り返しております。
そこへPMSの追い討ちでございます。

それでも心が落ち着くマンダリンプチグレンを部屋に香らせると、精神的には大分楽になるのでございます。
この頃はその組み合わせにペパーミントを加え、さっぱり系にしております。
持ち運びできるように香水も作ったのでございますが、やはりエッセンシャルオイル原液をディフューザーに入れて香らせるほうが効果は高いようでございます。

私まで倒れてしまうと夫の負担が跳ね上がるので、どうにか持ちこたえたいところでございます。

また皆様へのご訪問やお返事が遅れがちになり、申し訳ございません。
余裕が出来次第、のそのそ動き始めますのでご容赦くださいませ。
Copyright © 濡れた花. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。